広告 05/2017 ダイビングログ

5/4 コンペイトウコブシガニからツノダシの群れ

コンペイトウコブシガニ

う~ん……。風がまわってしまい、東西、どちらの海岸にも微妙なうねりが押し寄せている。ボートダイビングなら潜れるけれど、ビーチダイビングするにはうねりが邪魔だ……。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

そんな海況なので、ボートダイビングすることにしました。うねっている海で潜ってもあんまり楽しくないしね。

すると1本目、開始してすぐにツノダシの群れに遭遇。嬉しいね~。

ツノダシの群れ

ツノダシの群れ

ツノダシの群れ

ツノダシの群れ

エントリー前に水面で息継ぎしていたウミガメもいました。

ウミガメ

ウミガメ

水中では小さいものを探しちゃうし、出会っちゃう。

コンペイトウコブシガニだ。

コンペイトウコブシガニ

コンペイトウコブシガニ

かわいいのぉ~。ナイトじゃなくて昼間にも見られてうれしいぞっ!!

コンペイトウコブシガニ

コンペイトウコブシガニ

きみはだれ? カニさんであることに間違いはないけれど……。

カニさん……

カニさん……

午後からはまたもやマンツーマンに戻ってしまったので、どうするかお客様とよくよく相談し、レッドビーチに来てみたら、すんげぇ~濁りでびっくり。

あ~、もう冬が終わったんだな……と痛感するレッドビーチの濁り方でした。

透明度……1から2Mでした。

鉄塔から離れられるわけもなく、やっぱりウミウシたちと遊んできました。

ウツセミミノウミウシ

ウツセミミノウミウシ

このへんで出会えたらいいのにな~と思っていたら、ビンゴっ!!

シラタマウミコチョウに出会えました。

ラッキー。

シラタマウミコチョウ

シラタマウミコチョウ

いつもよく確認しているけれど、今日出会った個体はけっこう見やすかったので、紹介してみた。

ナデガタムラサキゴカクガニ

ナデガタムラサキゴカクガニ

カニだけを撮るのもよし、ウニの模様を画面に取り込んでアートするもよし。

いろんな角度、いろんな画角、いろんなアプローチで自分色のナデガタムラサキゴカクガニを撮っていただきたい。

ナデガタムラサキゴカクガニ

ナデガタムラサキゴカクガニ

エキジット寸前に漂っていたフチドリカワハギだと思っている個体。

フチドリカワハギ

フチドリカワハギ

浅瀬はまだきれいでした。透明度3Mぐらいはあったかな。

レッドビーチの夏が始まりましたね。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-05/2017, ダイビングログ
-, , , , , , ,