広告 10/2016 ダイビングログ

10/10 北風よけてレッドビーチ。ミミックオクトパスじゃん

ミミックオクトパス

昨日から風がまわって、今日は北風。西を経由して北風になってしまった。このパターンならば、最も安定感のあるレッドビーチを選択。この夏は全然来なかったので、ここのサンゴの白化現象も気にかかるところだ。

この岩にぺたっと張り付いているサンゴはくまなく白化していましたが、他のサンゴは目立った白化もありませんでした。

平べったいサンゴ(名前がわからない)は白化してました

平べったいサンゴ(名前がわからない)は白化してました

朝場はなんとか見えましたが、水深を下げるにつれて、レッドビーチらしいニゴニゴの海が登場してきました。そんな泥の濁りの中で漂っていたカミソリウオ。

カミソリウオ

カミソリウオ

スポンジウミウシや、

スポンジウミウシ

スポンジウミウシ

あまりの透明度のひどさに、鉄塔の周りから動けなくなります。よって、鉄塔に住む生物の捜索。カゲロウカクレエビかと思ったけれど……、鮮明な写真が撮れていなのでなんとも言えないけれど、ラピポントニア・パラガレーネのようにも見えますね。

カゲロウカクレエビもしくはラピポントニア・パラガレーネ

カゲロウカクレエビもしくはラピポントニア・パラガレーネ

卵があったので、探してみた。老眼の肉眼では、「なんかここにいそう……」というレベルでしか確認できない。撮影してみたらやっぱりいました。

ミヤ・ロンギコルニス

ミヤ・ロンギコルニス

小さなウミウシもパラパラと散見。でも、今日のお客様はウミウシにまったく興味がないのでスルーです。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

セソコテグリなのかな? このへんも曖昧なんだよね。これぐらい大きい生物もレンズの関係でスルーです。

セソコテグリですか?

セソコテグリですか?

こちらは頑張って撮影されていました。セダカカワハギyg。別の場所にも1個体いたので、今日は全部で3個体いました。下の写真には2個体写っています。

セダカカワハギyg

セダカカワハギyg

大きなハナブサイソギンチャクには大きなイソギンチャクエビが。

イソギンチャクエビ

イソギンチャクエビ

オシャレカクレエビ。モルディブでいたころから、このエビだけはやけに目について紹介していたな~。どこにでもいるのでありがたい存在です。

オシャレカクレエビ

オシャレカクレエビ

出会うすべての個体がきれいだったケショウハゼ。そーいう季節なのかな。

ケショウハゼ

ケショウハゼ

シマオリハゼはまだまだ小さいサイズ。

シマオリハゼ

シマオリハゼ

カスリハゼは黒色よりも黄色のほうがたくさん目につきました。

カスリハゼ黄色

カスリハゼ黄色

共生エビもガンガン出てきました。今年はハゼが多いのかな? 普通種ばっかりですが、たくさん見ました。

カスリハゼ黄色

カスリハゼ黄色

そして出会ったトガリモエビの仲間。

トガリモエビの仲間

トガリモエビの仲間

大きいのと、

トガリモエビの仲間

トガリモエビの仲間

小さいのと。

トガリモエビの仲間

トガリモエビの仲間

ミミックオクトパスにも出会ってきました。

ミミックオクトパス

ミミックオクトパス

出会えると嬉しい生物です。

ミミックオクトパス

ミミックオクトパス

動画も撮ってきました。

レッドビーチのシーズンまでもう少しか。冬が始まるね。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-10/2016, ダイビングログ
-, , , , , ,