02/2021 ダイビングログ

2/6 真栄田岬周辺ボートダイブ

コリュフェリナ・ルブロリネアータ

お客様のいる土曜日に晴れた。そして凪いだ。

なんてラッキーなんだ。ボートに乗れた。他にお客さんいなかったのに、ボート出してくれたY君にも感謝。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

水温は22℃。気温は24℃で、全然寒くないダイビングになりました。快適ー。

ボートにて真栄田岬周辺を2ダイブ。クジラの声はずっーとBGMになっていました。

ビーチからのエントリーもできたけれど、私もお客様もドライスーツなので、冬場の階段はおじさんにはしんどい。

無理して腰を痛めるよりもボートで楽させていただきました。

まずは深場にてホタテツノハゼの生存確認。

寒波で荒れた海が底の砂を大量に移動させていまして、ハゼ場は白い砂の面積が多くなっていましたが、それ故にホタテツノハゼが目立って見つけやすくなっていました。

ホタテツノハゼはお客様が向き合っておられたので、私は他のネタ探しにうろうろ。

が、他にめぼしいものはなく、浅場に移動しつつ、ウミウシと遊びつつダイビング後半。

アシビロサンゴヤドリガニが自分の家から出て、歩いていたので紹介。

アシビロサンゴヤドリガニ

アシビロサンゴヤドリガニ

コンペイトウウミウシはつい触ってしまったのだが、腹足をピシッ!と閉じてしまったので、ころころ転がってしまって申し訳なかったです。ウミウシあるあるですよね?

コンペイトウウミウシ

コンペイトウウミウシ

普通種のアオセンミノウミウシだが、そんなにいない……。

ウミウシ自体がそんなにいない。

ボートに乗る前の事前情報で、「そんなにいない」とは聞いていたけれど、本当に「そんなにいなかった」。

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

こちらはセスジミノウミウシ……と思って撮影していたのだが、最近の新しい図鑑ではいろいろ変更が多いので、私の古い知識のまんま紹介してしまうと誤りがあるかもしれないので、調べてみた。

 

そうすると、どうやら、コリュフェリナ・ルブロリネアータという奴らしい。

以前の図鑑だと普通にセスジミノウミウシで落ち着いていたと思うのだが、今は、より細分化されて分類されているので、フォローするのが大変だ。

コリュフェリナ・ルブロリネアータ

コリュフェリナ・ルブロリネアータ

あとは普通種。イガグリさんや、

イガグリウミウシ

イガグリウミウシ

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

ケラマミノさん。

目についたのは、ゾウゲイロウミウシとコールマンウミウシの多さ。

その2種類はいっぱい見たなー。

また来週、潜りましょう。またレッドビーチかなー。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-02/2021, ダイビングログ
-, , , , , , ,