広告 03/2017 ダイビングログ

3/17 砂辺でウミウシダイブスタート

トゲトゲウミウシ

今日の午後からウミウシダイブです。ウミウシ増えているか不安でしたが、潜ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

今日はケラマから戻ってこられたので近場で砂辺で潜ってみました。砂辺なんて……、ホント久しぶり。なにがいるのかまったくわからない。だいたい車を停められるかどうかがまず問題。

どうにか停められる場所を見つけられたものの、このポイントに果たしてウミウシはいるのだろうか?

うねりが少し届く海岸からエントリー。砂辺海岸の定番ウミウシは出てくる。私は合間に他の生物も撮影。

美しいアオイソハゼです~。

アオイソハゼ

アオイソハゼ

ハシナガベラもいました。

ハシナガベラ

ハシナガベラ

おぅ!! トゲトゲウミウシ。嬉しい出会いだ。

トゲトゲウミウシ

トゲトゲウミウシ

普通にいるアオセンミノウミウシ。撮らないと模様が見えないので、撮ってる。載せないのもなんなので載せちゃう。

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

レモンウミウシは砂辺海岸らしいウミウシです。

レモンウミウシ

レモンウミウシ

目新しいホヤがあったら撮ることにしてるんだけれど、このホヤだったのね。

ホヤ

ホヤ

連続して見られたトゲミノウミウシ。背中の模様が特徴的です。

トゲミノウミウシ

トゲミノウミウシ

トゲミノウミウシ

トゲミノウミウシ

最後に出てきたトンプソンアワツブガイ。

トンプソンアワツブガイ

トンプソンアワツブガイ

目玉焼き模様がかわいいですよね。でも、小さいです。サイズは2から3ミリです。写真には2個体写っています。

明日は南寄りの風になるみたい。恩納村で潜れるかな?

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-03/2017, ダイビングログ
-, , , , , ,