広告 09/2017 ダイビングログ

9/24 ビーチ梯子ダイブ

イソゴンベ

昨日から続けて潜っていただけるリピーターさんが2名。残ったメンバーはかなりマニアックでも大丈夫ってことで、いろいろじっくり探してきました。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

こーいう日はビーチダイビングなのがスピッツでございます。

まずは一昨日のおさらいでモンツキカエルウオを撮っていただき、それから深場に潜入してきました。

が、思うような成果は挙げられず、ウミウシもまだまだ全然いません。

私が撮影したのは、お客様がモンツキカエルウオに刺さっている時に横目に入ってきたイソゴンベの婚姻色らしき個体。

のあくび状態。

イソゴンベ

イソゴンベ

これって婚姻色なのかな?

イソゴンベ

イソゴンベ

きれいなイソギンチャクがいたらとりあえず紹介。絵になる、ならない……はお客様が判断すればいいからね。私はとにかく紹介。

クマノミ

クマノミ

2本目は泥地に行ってみましたが、あいにくの透明度で、あまりこちらでもヒットは打てず。

でも、コヤナギウミウシ属の一種が出て来てくれました。この子も砂泥地を移動していました。

まだまだ台風後、水中生物も落ち着いていなくって、ウロウロしているのかな~って感じました。

コヤナギウミウシ属の一種

コヤナギウミウシ属の一種

こちらもウロウロしていたモヨウフグ。大きい子でした。

モヨウフグ

モヨウフグ

写真が悪いんだけれど、この子はクラテナ・シンバでいいのかな?

クラテナ・シンバ

クラテナ・シンバ

みなさんに教える前にロストしてしまった、すんません~。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-09/2017, ダイビングログ
-, , , ,