12/2015 ダイビングログ

ウミウシダイブ初日スタート,12/242015

グロッソドーリス改めアルディアドーリス・トムスミスイ

年末恒例のウミウシ合宿スタートしました。

昨日までは穏やかな恩納村の海でしたが、今日は少しうねりがあり、波も。そんな中でも、西側の海を潜ってきました。お客様が海に慣れているので、可能な潜り方ですが、安全な範囲で攻めてきました。

で、ウミウシをとにかく探す日々が始まったのです。まず最初がカロリアsp。

カロリアsp

カロリアsp

コンペイトウに、

コンペイトウウミウシ

コンペイトウウミウシ

シロウネイボウミウシ。

シロウネイボウミウシ

シロウネイボウミウシ

ヒオドシユビウミウシはけっこうたくさん見ました。

ヒオドシユビウミウシ

ヒオドシユビウミウシ

ヒメコモンウミウシは通年見られますよね。

ヒメコモンウミウシでしょう

ヒメコモンウミウシでしょう

センテンイロウミウシはたくさんいました。

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシ

浅い場所で見つけたゾウゲイロウミウシは触角、ミノがうねりであらぬ方向にびよ~んとなびいています。

ゾウゲイロウミウシ

ゾウゲイロウミウシ

アオセンミノウミウシは浅い場所で探せば、だいたい出てくるウミウシです。

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

上と同じ個体です。

アオセンミノウミウシ

アオセンミノウミウシ

セトイロウミウシだと思うのですが、紫色の点々が入っている……のはまた別種なのかな?

セトイロウミウシかな?

セトイロウミウシかな?

ウスフジイロウミウシは産卵中でした。

ウスフジイロウミウシ

ウスフジイロウミウシ

コールマンウミウシはいっぱいいましたが、それに似ているけれど、背中の青色の濃淡が独特な感じなので、見分けは容易かな……。シボリイロウミウシ。

シボリイロウミウシ

シボリイロウミウシ

キスジカンテンウミウシは小さくてかわいい個体でした。

キスジカンテンウミウシyg

キスジカンテンウミウシyg

う~ん。これはイチゴミルク? と思って現場では見ていたのだけれど、白く囲まれた部分の中にも紫色の点々があるね……。これはセンテンかな? と判断。

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシ

上と同じ個体です。

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシ

こちらはセンテンイロみたいだけれど、触覚に赤い輪っかがひとつのみ。ってことは、バーチィなのかな……。このへん、判断が難ししいですね。

ヒュプセロドーリス・バーチィ?

ヒュプセロドーリス・バーチィ?

二次エラが見えていないので、なんとも言えないけれど、たぶんヒメコモンウミウシでしょう。

ヒメコモンウミウシ

ヒメコモンウミウシ

小さなルージュミノウミウシはお客様の発見。

ルージュミノウミウシ

ルージュミノウミウシ

ヘビギンポの仲間がいました。

ヘビギンポの仲間

ヘビギンポの仲間

シライトウミウシ? って感じのクロモドーリスの仲間。

クロモドーリスsp.

クロモドーリスsp.

モザイクウミウシをよく見たのですが、下の写真は交接中ですよね。

モザイクウミウシ、これは交接中だよね

モザイクウミウシ、これは交接中だよね

じゃ~、下の写真は? 同じ方向向いて、並んでます。こーいう体位もあるのかな?

モザイクウミウシ、ただ並んでいるだけ?

モザイクウミウシ、ただ並んでいるだけ?

キスジカンテンウミウシは大きいのもいました。

キスジカンテンウミウシ

キスジカンテンウミウシ

これまたお客様の発見でした。アルディアドーリス・トムスミスイ。グロッソドーリスから学名が変わったみたいです。

グロッソドーリス改めアルディアドーリス・トムスミスイ

グロッソドーリス改めアルディアドーリス・トムスミスイ

追記、今は和名がついて、上の写真のウミウシは、キンゴマイロウミウシになりました。(2021/9/22)

ミカドウミウシの子供はよく見るのだが、大人は最近全然見てません。

ミカドウミウシyg

ミカドウミウシyg

ハナゴンベのまだまだ小さい個体がまだいました。

ハナゴンベyg

ハナゴンベyg

サラサウミウシはでかかった。

サラサウミウシ

サラサウミウシ

ケラマミノウミウシは目まで写っていました。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

お。こいつは白線で囲まれた内側に紫の斑点がないじゃん!! これってイチゴミルクの特徴でいいのかな?

イチゴミルクウミウシ

イチゴミルクウミウシ

これは、センテン? バーチィ?

このへん、ホント明確な判断基準が曖昧ですよね。

ヒュプセロドーリス・バーチイ?

ヒュプセロドーリス・バーチイ?

たくさんいました。オキナワベニハゼ。

オキナワベニハゼ

オキナワベニハゼ

コクテンニセヘビギンポは、背びれに入る白いラインが独特ですよね。

コクテンニセヘビギンポ

コクテンニセヘビギンポ

こちらも上の写真と同じ個体です。

コクテンニセヘビギンポ

コクテンニセヘビギンポ

ウミウシはお客様のカウントで35種類見られたとのこと。明日って、もう本日になってますが、がんばりましょう。また沖縄は雨です。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-12/2015, ダイビングログ
-, , , , ,