12/2020 ダイビングログ

12/12 トラパニア祭りチェック

パンダツノウミウシ

朝は北風も強く寒そうな天候だったので、ドライスーツを準備したのだが、昼から晴れて、すっかり暖かくなってしまった。

暖かいことは良いことだ。

12月はずっと雨だったので、久しぶりに清々しい陽気だ。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

今日は午後からのダイビングだったので、遠出はせずに、かといって北風強くてボートは出ないので……、またもやレッドビーチ。ほんまに、レッドビーチばっかり潜っているなー。

レッドビーチ

レッドビーチ

で、そろそろ透明度も良くなってくるんじゃなかろうか?

と、期待したのだが、相変わらず最低な透明度で、ひどいところは1Mも見えないぞ。

なんてこったい。

たまに3Mぐらい見えるところもあるけれど、やっぱり濁っている。

いつになったら、スコンときれいに遠くまで見えるようになるのだろうか?

 

水温は24℃。

ハゼはすぐ隠れてしまうし、透明度は悪いし、ウミウシ探すしかない……、って感じたけれど、まだ少ないね。

シラタマツガルウミウシ探したいけれど、出会えない。

クモガニの仲間

クモガニの仲間

クモガニっぽい奴に出会った。

クリスマスっぽい風景でよく使われるイソバナガニ。

紹介してみた。

イソバナガニ

イソバナガニ

これもよく見るね。

ケボリガイの仲間。

ケボリガイの仲間

ケボリガイの仲間

ウミウシは普通のしか出てこない。

北部が今は熱いみたいで、ダイバーさんたちはたくさんのピカチューウミウシと遊んでいるみたいだけれど、レッドビーチはイマイチ少ないんだよね。

マダライロウミウシ

マダライロウミウシ

タスジイロウミウシ

タスジイロウミウシ

ホシゾラウミウシ

ホシゾラウミウシ

サザナミヤッコの若魚がいまして、お客様も頑張って撮影されていました。

サザナミヤッコ若魚

サザナミヤッコ若魚

で、当然、気になるのは今冬のトラパニア祭の開催状況……。

頑張って探すも、

………

 

うーん……って感じ。

 

モウサンウミウシには出会う。

モウサンウミウシ

モウサンウミウシ

2個体共に、3ミリぐらいのモウサンウミウシでした。

モウサンウミウシ

モウサンウミウシ

いっぱい見たことあるけれど、名前、なんだっけ?

セスジミノウミウシ……?

ミノウミウシ属の一種

ミノウミウシ属の一種

そして、パンダツノウミウシきた~~~~。

サイズは1センチぐらいかな。

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

私の人差し指の爪と比較してください。

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

お客さんと喜んで撮影していたら、

その近くに、さらに小さい、8㎜ぐらいのパンダツノウミウシもいました。

おー。

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

するとその近くに、5ミリぐらいのパンダツノウミウシも発見。

なんだ、今年はパンダ祭り?

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

いいねーと思っていたら、普通にでっかいのもいました。

キミがいっぱい産卵しているのかい?

と、問いかけながら撮影。

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

もっともっともっと~~~~~~~、増えてね。

結局、パンダツノウミウシの4連荘に時間を奪われてしまい、他のトラパニアは探せず。

まぁー、また探しましょう。

ウミガメ

ウミガメ

最後、エキジット寸前で泥まみれのウミガメに遭遇。

逃げるカメの背中に堆積した泥が流れ落ちていく様子がリアルで、レッドビーチで潜っているなーと実感できました。

はやく透明度が回復してくれることを祈りましょう。

ねこたち

ねこたち

ここの猫はあまり逃げないです。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-12/2020, ダイビングログ
-, , , , , ,