広告 11/2015 ダイビングログ

11/9 チョウチョウウオ・ダイビング

チョウハン

今日もリピーターさんが来襲。今日のリピーターさんは、チョウチョウウオ、ラブな女性です。とにもかくにもチョウチョウウオが大好き。

なので、浅い海で出くわすチョウチョウウオを片っ端から撮影、観察ダイビングです。

まずはフウライチョウチョウウオ。

フウライチョウチョウウオ

フウライチョウチョウウオ

アミメチョウチヨウウオに、

アミメチョウチョウウオ

アミメチョウチョウウオ

イッテンチョウチョウウオ。

イッテンチョウチョウウオ

イッテンチョウチョウウオ

スミツキトノサマダイ、

スミツキトノサマダイ

スミツキトノサマダイ

シチセンチョウチョウウオ、

シチセンチョウチョウウオ

シチセンチョウチョウウオ

ミゾレチョウチョウウオ、

ミゾレチョウチョウウオ

ミゾレチョウチョウウオ

ミスジチョウチョウウオも、

ミスジチョウチョウウオ

ミスジチョウチョウウオ

チョウハンは私も大好き。

チョウハン

チョウハン

ヤリカタギの子供です。

ヤリカタギ

ヤリカタギ

メガネゴンベもリクエストされていたので、紹介。たくさんいます。

メガネゴンベ

メガネゴンベ

カラーバリエーションも含めて紹介。

メガネゴンベ

メガネゴンベ

水面近くで浮いていたハナミノカサゴ。

ハナミノカサゴ

ハナミノカサゴ

コブブダイは……、ずっといる個体なのかな? ここんとこ通年見られているけれど、個体数も変わらないし、サイズも同じだし……。同じ個体だとしたら、えらい長生きだけれど、そんなにコブブタイって長生きするんだろうか?

コブブダイ

コブブダイ

ハナグロチョウチョウウオもいました。

ハナグロチョウチョウウオ

ハナグロチョウチョウウオ

フウライチョウチョウウオ。なんとか図鑑写真以外にも撮れないかな~と格闘開始。

フウライチョウチョウウオ

フウライチョウチョウウオ

水面をバックに入れて、寄りで撮影。

フウライチョウチョウウオ

フウライチョウチョウウオ

流し撮りしてみたけれど、周囲の環境が写らなかったので、流して撮っている感じには写らなかった……。

フウライチョウチョウウオ

フウライチョウチョウウオ

沖合いに大きなグルクマの群れが登場。

グルクマ大群

グルクマ大群

かなり接近してくれました。

グルクマ大群

グルクマ大群

そしてまた戦線に復活。アミメチョウチョウウオ。

アミメチョウチョウウオ

アミメチョウチョウウオ

ヌリワケカワハギなんて普段は撮らないけれど、今日はチャンスがあったので撮ってみました。

ヌリワケカワハギ

ヌリワケカワハギ

午後から行った浅瀬にいたカゴカキダイ。沖縄ではあまりいません。

カゴカキダイ

カゴカキダイ

FBの海の談話室で素性を教えていただいたアナエビ科の一種。

アナエビ科の一種

アナエビ科の一種

白くてきれいなエビでした。この手のエビとしては、けっこう大きくて3センチぐらいありました。

アナエビ科の一種

アナエビ科の一種

最後のポイントはチョウチョウウオが意外にも全然いなくて、他のものもご紹介してしまいました。

アナエビ科の一種

アナエビ科の一種

明日は、チョウチョウウオ、オンリーで行けたらいいですね~。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-11/2015, ダイビングログ
-, , ,