広告 06/2015 ダイビングログ

6/7 のんびり万座で2ダイブ

オオモンカエルアンコウ

今年も少しずつログがたまってきました。なぜ書かずにたまってしまうのか? やることが多いからだ。夏になってリバートレッキングの方も予約をたくさんいただいているありがたい状態であり、ダイビングの予約にメールを返信などして、お客様に手渡す当日のダイビングログを書いていると、すぐに睡魔につかまってしまう。

やれやれ。

なかなかHPのログの更新までは手も頭も指先もまわらないけれど、少しずつスピッツ世古のサイトも見てくれる人が増えてきたので、期待を裏切らないように続けていく所存は十分にあるので、見捨てずに見にきてね。

で、7日の日曜日は地元のリピーターさんとダイビングしてきました。

1本目は本当に久しぶりに、万座毛に潜ってきました。深場も探索したのだが、私は特に何も見つけられなかったのだが、お客様がアケボノハゼの子供サイズを見つけていた。

・・・・・・・。

私も見たかったアルヨ・・・。

でも、このポイントに行くのは今度はいつになるだろうな~。数年前のスカシテンジクダイが深い岩の周囲に群れていたときは、いろいろ見られて楽しかったのだが、ちょっとネタ的にボリュームダウンって感じはしてました。これから夏に向かって生物が増えてくればいいね。

2本目は砂地でのんびりダイブ。たまに見つけられるサガミツノメエビに遭遇。が、あんまりテンションの上がらないエビだ。キレイに撮ってあげるのがとても難しいからね。見ていても小さすぎるし。細かな模様はキレイなんだが、よく見えないし。とかく、イマイチな点が多いエビです。

サガミツノメエビ

サガミツノメエビ

オオモンカエルアンコウの小さい個体もいました。これもお客様の発見。すごいぞ、お客様!! 最近いろんなショップのログにこのカエルアンコウ君は出没していたので、探し出したかつたのだが、お客様が先に見つけてくれました。

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

なにかいないかな~と探していると、シマヒメヤマノカミの子供に出会いました。数年前はこの界隈はシマヒメヤマノカミがいっぱいいたのに、最近は全然見なくなった。こーいう生物の衰退は何ゆえに起こるのであろうか?

シマヒメヤマノカミ

シマヒメヤマノカミ

いないと思っていたら、まだいた。バイオレットボクサーシュリンプ。個人的に好きなんだけれど、個体数がまだまだ少ないですね~。

バイオレットボクサーシュリンプ

バイオレットボクサーシュリンプ

最後、ボートの下で群れていたのは、アオリイカの子供の群れ。

アオリイカ

アオリイカ

のんびり潜ってきました。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-06/2015, ダイビングログ
-, , ,