03/2022divelog 2022log ダイビングログ

2022/3/19-20 レッドと万座でウミウシを探そう

パンダツノウミウシ

今日は珍しく新規のお客さんと潜りました。

ウミウシが見たくてレッドビーチを希望されてスピッツに問い合わせメールを送ってこられたので、受け入れさせていただくことにしました。

そーいう望みなら今の私でもお役に立てそうですからね。

リピーターのお客さんも参加してくれて珍しく4人で潜りました。

2022/3/19沖縄金武レッドビーチ

4人で潜ると私に撮影する余裕なんてあるわけないので最初からデジカメは持たずにガイドに専念。

「いっぱい見れて嬉しかったですー」

ってお言葉をいただけたので安堵しました。

レッドビーチのウミウシ

写真がないので、過去の写真から抜粋して紹介。

1本目

普通種が多かったのですが、見たものはぜんぶ紹介するスタンスでガイドしました。

ヒメコモンウミウシ
ヒメコモンウミウシ
コナユキツバメガイ
コナユキツバメガイ
ユウグレイロウミウシ
ユウグレイロウミウシ
ミカドウミウシyg
ミカドウミウシyg
コトヒメウミウシ
コトヒメウミウシ

などなど。

2本目

雨の後にしては透明度は5Mほどあって、

レッドビーチとしては普通のコンディション。

決して悪くはない。

しかし、普通の沖縄の海をイメージして潜りに来られているのであれば、

この透明度と泥ドロな海域にうんざりされて1ダイブで終了されても納得である。

なので、レッドビーチに初めて潜られる方には、1ダイブ終了後に必ず訊くようにしております。

spitzseko

2本目はどうされますか?

2ダイブ予定で申し込まれていましたが、海況や透明度、お客様のコンディションなど

当日でしか判断できない材料はてんこもりなので、

確認は大事ですよね。

「もちろん潜ります」

と即答でお返事いただき、

「なんで、こんなにウミウシいるんですか? 楽しいーーー」

という歓喜の声も聞かせていただいて、ガイドとして嬉しい限りです。

2本目もたくさん出てきてくれたらいいなー、たのむぜレッドビーチ。

マダライロウミウシ
マダライロウミウシ

壁の隙間にクモガクレウミウシを発見。

変わった模様のちょっとレア系出てきて、よかったです。

クモガクレウミウシ
クモガクレウミウシ

ミノ系も紹介したい………と思っていたので、

普通種でもいいから、きれい系出てこい!! と、願っていたら、

ハナビラミノウミウシ登場。

今年はハナビラミノウミウシも少ない気がします。

ハナビラミノウミウシ
ハナビラミノウミウシ

きれいで大きな、わかりやすいイロ系も来い!!

と、つぶやいていたら、シラナミイロウミウシも出てきました。

念じれば通じるのだ。

シラナミイロウミウシ
シラナミイロウミウシ

新規のお二人様はフルレンタルで潜っておられたのに、

調子に乗って60分ぐらい2ダイブ共に潜ってしまった。

寒さは心配でありましたが、終始、楽しそうにウミウシを撮影されていたし、

エキジット後も喜んでいただけていたので、結果オーライなのだ。

3本目

3本目はリピーターさんとマンツーマンになったので、

どうしましょうかねー? と相談しながら、私の狙いたいウミウシを狙ってみることにしました。

ここからは私もデジカメ持参で潜りました。

ハナミドリガイ
ハナミドリガイ

すると、捜索し始めて間もなく当たりくじを引くことに成功。

オレンジトラパニアことトラパニア属の一種。

オレンジトラパニアことトラパニア属の一種
オレンジトラパニアことトラパニア属の一種

午前中のお客さんにも見せたかったけれど、

なかなかそこまでうまくはいかないものです。

極小の3㎜クラスをゲット。

前回のログで説明した「ISO100撮り」で画像ソフトを使って、明るめに変えてトリミングしたのが下の写真。

Kamo

本当にかわいいウミウシですなー

まったく、その通り。いつでも見られるとテンション上がるウミウシです。

オレンジに白と黒の配色ってこんなにかわいいんだね

spitzseko
オレンジトラパニアことトラパニア属の一種
オレンジトラパニアことトラパニア属の一種
「ISO100撮り」のことを知りたい人はこちらの記事から

連チャンで当たりくじを引いてしまった………。

パンダツノウミウシの子供サイズ登場。

くぅーーーーーーー。

パンダツノウミウシ
パンダツノウミウシ
Asuka

これまた、かわいい………

もっとちゃんと撮りたかったけれど………

spitzseko

すんげー一生懸命食べていたので、このまま撮影。

どんどんでっかくなっていくんだろうなー。

こちらの写真も「ISO100撮り」で明度変更しトリミングしています。

パンダツノウミウシ
パンダツノウミウシ

この流れで行くと、

spitzseko

3連チャンでアタリが来るんじゃない!?

次のアタリはなんなの?

momi
spitzseko

やっぱ、トラパニア・ミルタブランカことアカマダラツガルウミウシを狙っちゃうでしょう。

もしくは、シラタマツガルウミウシ。

なんちゃらツガルウミウシという種類を探してるんだね

momi
spitzseko

なんちゃらツガルウミウシが大好きなんです

憧れのツガルウミウシたちの2トップ

やっぱこの2種はウミウシ好きにとって憧れだし、

ウミウシにあんまり興味がない人が見ても、

ちょっと見ちゃうアバンギャルドな風貌じゃないでしょうか。

アカマダラツガルウミウシ
アカマダラツガルウミウシ
シラタマツガルウミウシ
シラタマツガルウミウシ

この2種が出てきたら、そりゃーもう嬉しかったんですが、

出てきたのは、

マーフィドーリス・プンクティキュラータ

という最近2022年に学名がついたこのウミウシ。

マーフィドーリス・プンクティキュラータ
マーフィドーリス・プンクティキュラータ

またちょっと拡大してみます。

ウミウシのサイズはこれも5㎜ないぐらいですね。

マーフィドーリス・プンクティキュラータ
マーフィドーリス・プンクティキュラータ

2本目の最初に出てきたマダライロウミウシのそっくりさん。

ヒョウモンウミウシ。

Uta

どこが違うの?

ヒョウモンウミウシはドット模様がドーナッツみたいに中央に穴が開いてます。

野生動物の豹の体の模様みたいだから、

ヒョウ紋ウミウシと、私は覚えています。

ヒョウモンウミウシ
ヒョウモンウミウシ

同じ仲間だと思われるウミウシの大小2個体に出会いました。

アカツブイロウミウシのようでもあるし、

フチナミイロウミウシ属の一種のようでもあります。

アカツブイロウミウシ
アカツブイロウミウシ
アカツブイロウミウシ
アカツブイロウミウシ

あと、もう小さすぎてよくわかんないウミウシ。

2㎜くらいでした。

ウミウシの仲間
ウミウシの仲間

「ISO100撮り」して明度変更後にトリミングしても、

なんかよくわからんですね。

ウミウシの仲間
ウミウシの仲間

誰かの見た後だったのか、砂地にポツンとニシキウミウシがいました。

ニシキウミウシ
ニシキウミウシ

2022/3/20、沖縄恩納村万座ボートダイブ

2日目は万座のボートダイブに行ってきました。

万座の生物

1本目はドリームホールで「カクレタツノコ」

2本目はオーバーヘッドでイチゴミルクウミウシとヨセナミウミウシ。

3本目はカエルアンコウ探してみましたが、ダメでした。

コンペイトウウミウシ
コンペイトウウミウシ
イチゴミルクウミウシ
イチゴミルクウミウシ
ヨセナミウミウシ
ヨセナミウミウシ
ヨセナミウミウシ
ヨセナミウミウシ

写真はカエルアンコウ探していたら見つかったエビさん。

マイヒメエビかな
マイヒメエビかな

マイヒメエビの子供だと思われます。

momi

2日目のログあっさりしてますね。

レッドビーチの方がウミウシ多かったです。

万座ではイマイチ探せませんでした。次回は頑張ります。

すんませーん

spitzseko

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-03/2022divelog, 2022log, ダイビングログ
-, , , ,