広告 04/2017 ダイビングログ

4/23 ウミウシ増加中かな……

トラパニア・ミルタブランカ

風は北東に傾いてきたので、もう少し穏やかになってくれればよかったのだけれど……。ボートダイブならけっこうどこでも出られるけれども、ビーチダイブするにはリーフに押し寄せるうねりがきつい……。そんなコンディションな一日でした。いろんなポイントを巡って右往左往してしまいましたが、たどり着いたのは穏やかな海域でした。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

久しぶりにツノザヤウミウシもゲット。

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

オレンジモウミウシも見られる季節ですな~。

オレンジモウミウシ

オレンジモウミウシ

おお、威風堂々。テヌウニシキウミウシ様の行進だっ!!

テヌウニシキウミウシ

テヌウニシキウミウシ

こんなとこにもジャビットマンホヤ発見。

ジャビットマンホヤ

ジャビットマンホヤ

そして昨日、気になっていたアヤニシキだと思われる海藻。全体図を見せてほしいとKさんから言われたので、撮影してみた。

アヤニシキのような海藻の全体図

アヤニシキのような海藻の全体図

いろんなふうに撮ってみた。手掛かりになればいいんだけれど。

アヤニシキのような海藻の全体図

アヤニシキのような海藻の全体図

ここのポイントには多いんだけれど、果たして他のポイントでも見てたかな~。最近記憶力には全然自信がないので、なんとも言えない。

アヤニシキと思われる海藻、全体図

アヤニシキと思われる海藻、全体図

うんうん。個人的に大好きなエビの登場。ヤクシマカクレエビ。しかもペアじゃんっ!! 嬉しいぞ。

ヤクシマカクレエビ

ヤクシマカクレエビ

レンゲウミウシは大きかったです。

レンゲウミウシ

レンゲウミウシ

ストォルチイも大きかったです。

ペリクリメナエウス・ストォルチイ

ペリクリメナエウス・ストォルチイ

このホストを見たら、やっぱり探しちゃうのはウミウシ好きならばしょうがないよね。ナギサノツユ発見。

ナギサノツユ

ナギサノツユ

こんなところにキャロットシードミノウミウシもいました。

キャロットシードミノウミウシ

キャロットシードミノウミウシ

食べすぎでしょ? ウミウシ喰いのキイボキヌハダウミウシ。まるまると太っていました。

キイボキヌハダウミウシ

キイボキヌハダウミウシ

いっぱい、いっぱいになっていた。プレキオースス。

ゴニオプランクス・プレキオースス

ゴニオプランクス・プレキオースス

和名なしのウミウシもいました。ビロウドウミウシ属の一種です。

ビロウドウミウシ属の一種

ビロウドウミウシ属の一種

クマノミのちびが一匹だけでいました。

クマノミちび

クマノミちび

なんか、きれいなミドリガイだ。もっとちゃんと撮らないと名前までは調べられませんね。次回も行ったら、撮影してみよう。いるかな?

ミドリガイの仲間

ミドリガイの仲間

コナユキツバメガイと大入袋のフジナミウミウシ。

コナユキツバメガイ+フジナミウミウシ

コナユキツバメガイ+フジナミウミウシ

そして豪華なトリオ見参。モウサンウミウシを筆頭に、両脇にはミルタブランカじゃ~ありませんか。

モウサンウミウシ+トラパニア・ミルタブランカ

モウサンウミウシ+トラパニア・ミルタブランカ

かわいいサイズのミルタブランカだね~。

トラパニア・ミルタブランカ

トラパニア・ミルタブランカ

渋いのも出てきた。

トウヨウキセワタ属の一種

トウヨウキセワタ属の一種

これは、シロアミミドリガイみたいだけれど、ちょっと違う……。なんだ? と現場では感じていた。

サンカクミドリガイ

サンカクミドリガイ

しっょかくの模様や体の風体からサンカクミドリガイではなかろうか? と推測。

サンカクミドリガイ

サンカクミドリガイ

こちらがシロアミミドリガイだね。

シロアミミドリガイ

シロアミミドリガイ

ふむふむ。ユリヤガイも出てきたよ。

ユリヤガイ

ユリヤガイ

お~、ソウゲンウミウシまでやってきたよ。なんか、ウミウシ増えてきたな~。

ソウゲンウミウシ

ソウゲンウミウシ

相変わらず撮影するのが難しいウミウシです。

ソウゲンウミウシ

ソウゲンウミウシ

嬉しくてたくさん撮っちゃうけれど、顕微鏡モードだと撮れているかわからなくて、下の写真は水中マクロモードで撮影。顕微鏡モードにたよると、全部ピンボケって事も多々あるので、普通の水中マクロモードで保険としてさつえいしとくのは大事ですよね。

ソウゲンウミウシ

ソウゲンウミウシ

和名のないミノウミウシもやってきた。

クセニアウミウシ属の一種

クセニアウミウシ属の一種

うんうん。たまに見るやつだね。

クセニアウミウシ属の一種

クセニアウミウシ属の一種

オキナワキヌハダウミウシと思われる個体もやってきた。

オキナワキヌハダウミウシ

オキナワキヌハダウミウシ

なんか、ウミウシが増えてきたな~と感じられるダイビングが増えてきたのでうれしいね。GWはいろいろ見られるといいな。すんげ~暇だけれど、日々潜ってはいるので、遊びに来てくださいませ。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-04/2017, ダイビングログ
-, , , , , , , ,