広告プロモーションが一部含まれています 02/2015 ダイビングログ

2/22 へんなうねりが東西海岸にザバン・・・

キベリアカイロウミウシ

風力は強くないのだが、風向きがいろんな方角にくるくると回っている昨今。本日も南よりの風ということだったので、西海岸はぺたぺたになるであろうと予測していたら、けっこう大きなうねりが押し寄せていた。

なんで?

具体的な理由はよくわからないが、現にうねりが来ているので、どこかの海で強い風が吹いているのだろう。やれやれ。

こーいうときは、ひとつずつ海を見て回って、穏やかな海を探すことがウミウシ探しの初歩の初歩となる。うねりのある海だとウミウシは隠れてしまって、うまく探してあげることができなくなってしまう。

そんな1本目は、揺れ揺れの海でのウミウシ探しになりました。

モウサンウミウシ

モウサンウミウシ

そんな中で私が撮影したのはモウサンウミウシだけでした。お客様は2名だったのだが、1人に紹介したウミウシをもう1人に紹介して、探して・・・とやっているとすぐに時間なんて過ぎてしまう。

で、ここはうねりが強かったので、早々に撤退。ポイントを探してしばしうろうろ。

ヨコジマイボウミウシ

ヨコジマイボウミウシ

いつも探しているけれど、ほとんど見つけられないウミウシに遭遇できました。私は二度目の出会い。

シロミノウミウシ

シロミノウミウシ

最近はこーいう写真が多くて・・・・。ウミウシかなーというのは遠目でもわかるのだが、その模様や細部まではデジカメで撮影して撮れた画像を拡大しないと判別ができなくて、とりあえず一枚撮ってみています。このシロミノウミウシもそんな感じの一枚だったけれど、こうやつて見てみると・・・、もっと撮影すればよかったかな・・・とか思っちゃう。

ハクセンミノウミウシ

ハクセンミノウミウシ

とても大きかったハクセンミノウミウシはふわふわの海藻のような場所で気持ちよさそうにしていました。

どちらさま?

どちらさま?

シモフリの体の模様からもしかしてシモフリミノウミウシ? と思ったけれど、ミノの基部の黒い点々が気にかかる。こんな黒い点って・・・・、キャロッシードミノウミウシ?

で、別カットを見ると、

どちらさま?

どちらさま?

うーん・・・。キャロットシードミノの触覚の特徴である3~5個の皿状の輪っかが確認できないなー・・・。で、結論は・・・、だれ? となる。

この子もはっきりしません

この子もはっきりしません

ミノウミウシの仲間はこの季節、西側の海でたくさんたくさん見られるけれど、名前がはっきりしない子がとても多くて図鑑との照合が大変な作業だ。

あなたこそ・・・、だれ?

あなたこそ・・・、だれ?

そして、あぁーきれいなホヤだな・・・と思って、撮影したこの写真。撮ってみてから・・・、ホヤじゃない・・・と思いまして、ツンツンと楊枝でつっついてみると、跳ねるように動きやがった。・・・・。むむむむむむ。ナニヤツ? と思って、穴から取り出そうと試みたのだが、跳ねるように、転がるように穴の奥へと落ちていってしまわれた・・・。その逃げ方からヤドカリが入っていたのかなー・・・・と察するのだが、こんなにかわいい貝殻を家にしているヤツなんて、そうそういないので、あああ、お客さんにも紹介したかった・・・・。この日の1番の後悔です。

キベリアカイロウミウシ

キベリアカイロウミウシ

そして、このキベリアカイロウミウシは見つけたとき、岩陰にいて、尻尾の端っこがちょろりんと見えているだけでした。もう少し紹介しやすい場所に出てきてねーと取り出してみたら・・・、なんだ? 奥からもう1個体出てきた・・・!!

もしかして、交接中でした?

やや、それは申し訳ないことをしてしまった。

せめて、せめて、もう一度そばにくっつけて置いてあげたい。それぐらいさせておくれ。と隣同士で置いてあげたら、ほどなくしてまた交接しはじめた。

むむむむむ・・・・。萎えなかったのね。素晴らしい。私も見習いたいものだ。

この日感心した1番の出来事でした。

ヤセモウミウシ

ヤセモウミウシ

いつも上手に撮影してあげられない・・・、ヤセモウミウシ。小さいんですが、ビビッドのオレンジ色なので、いるとすごく目立ちます。サイズは3ミリぐらい。

アデヤカイボウミウシ

アデヤカイボウミウシ

艶やか・・・という名前に負けているかのようなイボウミウシであるが。イボウミウシという仲間の中においては、艶やかという称号をあげてもいいようなルックスですよね。

ウデフリツノザヤウミウシ

ウデフリツノザヤウミウシ

ここ昨今のいろんなショップさんのブログに載っているであろう、ピカチューウミウシです。狭い範囲に2個体いました。この子はお食事中。

クロスジリュウグウウミウシ

クロスジリュウグウウミウシ

憂いサイズのクロスジリュウグウウミウシがホヤに乗っていました。近くに別ショップさんのダイバーとイントラさんがいたので、もしかしたら彼らがこのウミウシをこのホヤの上に置いたのかもしれないけれど、そんなことはどうでもいいや。きれいでかわいいから、嬉しくて紹介。

と、いろいろ出会えましたが、冒頭でも触れたようにうねりが悩みの種。2本目と3本目に潜った真栄田だけが、穏やかな海域でしたが、夕方から夜にかけて西から北風になるとの予報で、真栄田にもうねりが来るのかな・・・。

明日も悩みますかね・・・。

PickUp

水原一平大谷翔平身代わり 1

大谷翔平選手の結婚報道でおめでたかったムードが一転。専属通訳としてドジャースに雇われていた水原一平さんが解雇されました。日本中の話題となっているこの記事、アメリカではどのような報道がなされているのか? ...

大谷翔平と結婚できる女性ってどんな人 2

大谷翔平選手の結婚報告を受けて、「奥さまってだれ?」、「どんな人なんだろう?」という推測記事がたくさん出回っています。芸能人、スポーツ選手の結婚って……普段は私もそんなに気にならなくて放置なんですが… ...

水原一平宣誓供述書 3

2024/4/12、大谷翔平さんを巻き込んだ、元通訳の水原一平さんの賭博問題に関して新しいニュースがありました。 記事の内容を読むと、大谷翔平選手がまさに「純粋な被害者」であることが記述されています。 ...

妻,田中真美子さんが 大谷翔平人生設計図に与える影響 4

2024/2/29に結婚発表。その翌日、3/1にアメリカのキャンプ地で取材に応じ奥様のことを教えてくれた大谷翔平選手。奥様のお名前は伏せられたままだったので、ネット上ではいろんな推測記事が飛び交ってい ...

トロットガールズジャパン 5

YouTubeショートで不意に流れてきた美空ひばりの「愛燦燦(あいさんさん)」を歌う、いや、歌い上げるディズニープリンセスのようなドレスを着た女性シンガーに耳目を奪われた人も多いハズ。 サビのアレンジ ...

倉沢しえり&オジンオズボーン篠宮 6

前回のチラリズムネタ「チラッチッチッチチラッ」でバズりまくった、倉沢しえりさんと元オジンオズボーン篠宮さんの即席コンビ「チラジョボビッチ」。今日は2人の新ネタがYouTubeショートに不意に流れてきた ...

adoさんの唱、和訳 7

2023/9/5にYouTubeに投稿されたAdoさんの「唱」。畳み掛けるようなリズムの渦にあっという間に巻き込まれたかと思えば、Adoさんのすさまじいボーカルでニヤけるしかなくなっちやうような、圧倒 ...

福留光帆の大喜利力 8

伝説の始まりは2024/3/2、YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」に挙げられた一本の動画だった。 3月になって、とんでもない逸材がYouTubeで脚光を浴びています。「福留光 ...

TOMOOの父、大学、弟 9

人気番組「関ジャム」で、プロが選ぶ2023年間マイベスト選出企画が放送されました。毎年、恒例の企画で私も大好きです。2023年のベスト10を発表する3名は、いしわたり淳治さん、 蔦谷好位置さんのレギュ ...

モモカジャパンにアンチファン国際女性デーHAPPY WOMAN賞受賞 10

皆さんはYouTubeの「モモカジャパン」というチャンネルをご存知ですか? 日本に遊びに来た……、または日本に住んでいる外国人にホストであるモモカさんが和食をごちそうし、そのリアクションを楽しむチャン ...

-02/2015, ダイビングログ
-, , , ,