広告 01/2017 ダイビングログ

1/14 なんでも見ようレッドビーチ

オオモンカエルアンコウ

地元のヘビーリピーター様ご来店。お正月は諸事情により潜れなかった……とのことで、新年初潜りです。今年もたくさん潜っていただきたい。どうぞよろしくお願いします。と、思ったら、今日が初潜りじゃなかった。相変わらず物忘れが激しい。忘却力に益々磨きがかかってきた昨今、やばいね。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

午後からのダイビングってことで、近場のレッドビーチに行ってきました。

水が相変わらずクリアーなのでツバメウオとも遊んできました。

ツバメウオ

ツバメウオ

ワイドに撮るときは、やっぱり構造物が大胆に入り込んじゃったほうが格好良く撮れると思うんだけれど、まぁ~好みだよね。

ツバメウオ

ツバメウオ

まぁ、構造物を入れたくない時も、勝手に入ってくるので、しょうがないんだけれどね。

ツバメウオ

ツバメウオ

今日はウミウシばっかりじゃなく、ハゼも楽しみましょう。と、ブリーフィングで言ったので、ハゼも見るのだ。お客様にはピンコハゼspを紹介。わりと大き目のが背びれを広げてくれていました。

その周囲に多いのはウスゲショウハゼだな、こりゃ~。

ウスゲショウハゼかな

ウスゲショウハゼかな

なんか、見慣れないような、どこかで見たような……。そんなフグが全然逃げずに底を移動していました。カスミフグかな。

カスミフグ

カスミフグ

マダライロウミウシの電車ごっこ風景はレッドビーチでは日常茶飯事だが、今回は、前の子は全然動かないでずっと止まっていました。追いかけてきた後ろの子がどうするのか見ていたのですが、やっぱりお尻にくっついて、つながってしまった。でも、前の子は全然動こうとしなかったので、だんだん後ろの子が前の子に乗り上げてきちゃった……の図です。

マダライロウミウシ

マダライロウミウシ

オオモンカエルアンコウ、いなかったり、見つけられたり……を繰り返しております。

オオモンカエルアンコウ

オオモンカエルアンコウ

こんな大きいニシキウミウシが見つからない日もあるんだから、ホントどこに隠れちゃうんだろうか?

ニシキウミウシ

ニシキウミウシ

良い場所でポーズしてくれます。コマチコシオリエビ。

コマチコシオリエビ

コマチコシオリエビ

こちらはモヨウフグ。モヨウフグもあんまり逃げませんでした。

モヨウフグ

モヨウフグ

泥地をさまようと、ミョウジンツバメガイ、ニシキツバメガイに出会いました。

ミョウジンツバメガイ

ミョウジンツバメガイ

ニシキツバメガイ

ニシキツバメガイ

ホホベニサラサハゼの子供ですね。泥地では普通に見られます。

ホホベニサラサハゼ

ホホベニサラサハゼ

なんでも楽しんでいただけるお客様なので、本当にありがたい。いろんなところに迷い込んでも、そこでなにかしらの生物がいるので、それらを楽しんじゃえる。ってことは、どこを潜っても楽しめるってことで、こーいうお客様が末永くダイビングを楽しんでいけるのかな~と思いはせる新年明けのスピッツ世古でした。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-01/2017, ダイビングログ
-, , , , ,