広告 12/2016 ダイビングログ

12/11 冬でも出港。万座発

スミレナガハナダイ子供

今日は北東の風。海のうねりは取れていないし、波も高くなってくるのかな? でも、ボートは出してくれるみたいってことで、瀬良垣漁港からボートで潜ってきました。

沖縄本島恩納村でダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっているスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

乗合船の上がそんなに混雑していないのも、なんか冬らしい風景に思える。

ポイントはドリームホールという万座周辺では最も有名な穴ポイントなのだが、お客様はリピーター様で何度もドリームホールには潜っておられるので、まだ見たことのない深いほうをチェック。穴には見向きもせずに潜ってきました。

でも、……、特に何もなくて……、スミレナガハナダイの子供たちと遊んだり、タイワンスズメダイを紹介したりしていました。

スミレナガハナダイ子供

スミレナガハナダイ子供

浅場に戻りつつ、いろいろチェック。ナンヨウキサンゴがたくさんあったので、またまたチェック。

セボシウミタケハゼでしょうね

セボシウミタケハゼでしょうね

緑のナンヨウキサンゴに派手な色合いのカニさんが。ベニサンゴガニというそうです。

ベニサンゴガニ

ベニサンゴガニ

緑色がちょっと飛んじゃってるね。濃い緑色の方がベニサンゴガニもきれいに写っているように見える。

ベニサンゴガニ

ベニサンゴガニ

2本目は砂地に。ここも少し沖出しの流れが……。

オドリカクレエビは全然逃げないので、水中ライトだけで撮影。

オドリカクレエビ

オドリカクレエビ

ヒメオニハゼやタツノハトコ、サザナミフグなんかを見ながら砂地を徘徊。

トビギンポに出会いました。

トビギンポ

トビギンポ

久しぶりに探したら、大きいのが出てきました。

カイメンカクレエビsp

カイメンカクレエビsp

小さかったけれど、こうやって撮ってみると大きいように見えますね。ウズラカクレモエビ。

ウズラカクレモエビ

ウズラカクレモエビ

で、最後のボート下ではツバメウオがふらふらしていたので、安全停止しながらワイド撮影を試みる。

ツバメウオ

ツバメウオ

底がきれいな白い砂地なので、砂地を背景にして撮影してみた。リップルマークが美しい。

ツバメウオ

ツバメウオ

水面も取り込んだりして。いろいろな角度からワイドは撮影しないとね。

ツバメウオ

ツバメウオ

明日からリピーターさんだ。がんばりましょう。海が穏やかになるといいなぁ~。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-12/2016, ダイビングログ
-, , , , , ,