広告 08/2016 ダイビングログ

8/14 写真はすべて過去のものから

カマストガリザメ

今日は1枚も写真がない。お客さんは昨日から続けて潜っていただけるリピーターご夫婦と先週からアドバンス講習に参加してもらっている宜野座のSさん。

たぶん、レンタルなどでカメラが全部出払ってしまって、私の使うカメラが残っていなかったのでしょう。そんな覚えがある。

今日は前兼久漁港から出港し2ボートダイブ。いや~それにしてもビーチダイブやってないな~。ボートばっかしだ。これまたスピッツらしくない? いやいや、毎年8月はこんな感じでボートが多いですね~。

ゆっくり動きながら、いろいろ観察、撮影。写真は今日撮影したものではなく、全部過去のものです。

ハナキンチャクフグの婚姻色を眺めたり、

ハナキンチャクフグ婚姻色

ハナキンチャクフグ婚姻色

オリヅルエビがまだいることにびっくりしたり、

オリヅルエビ

オリヅルエビ

定番のホシゾラワラエビは欠かせずに紹介。

ホシゾラワラエビ

ホシゾラワラエビ

ウミウシだって紹介しちゃう。オトヒメウミウシ見っけ。

オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシ

サメも見にいってきました。けっこう大きいのがぶいぶい泳いでいました。いつまで見られるのだろうか?

カマストガリザメ

カマストガリザメ

今日は2ダイブで終了。ボートも楽しいね。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-08/2016, ダイビングログ
-, , ,