広告 05/2016 ダイビングログ

5/19 川の点検と調査

ヨロイボウズハゼ

週末にかけて川ハゼのガイドのリクエストがきているので、川の調査というか点検。だって今は梅雨のど真ん中。波の立たないのが川の良いところですが、豪雨にはめっぽう弱い。すぐに濁ってしまうし、増水しちゃう。

この週は梅雨に入ったところから、雨が止まずに、ようやく最近降雨が少しずつになってきてくれた。にごり具合や水位の確認をしとこうと車を走らせました。

この川は楽しいんだけれど、遠いんですよね。だから点検に来たけれど、せっかく来たんだから……。水もまぁまぁ濁っていなかったし、水中の様子も見ておこう。

ボウズハゼが多いです。いっぱいいます。この季節は子供サイズがいっぱい。もちろん大きいのもいますけれどね。

ボウズハゼ

ボウズハゼ

ボウズハゼみたいだけれど、ひときわ綺麗に輝いているのはルリボウズハゼ。ホント、きれい。でも撮影は難しいです。紹介するのが難しい。1人で見つけて、1人で撮るのはまだ簡単。お客さんに紹介して撮ってもらうのが難しいハゼです。

ルリボウズハゼ

ルリボウズハゼ

こちらもいっぱい。ナンヨウボウズハゼ。たくさんいる中から綺麗な体色の奴をチョイスして撮影。

ナンヨウボウズハゼ

ナンヨウボウズハゼ

背びれの長いところがナンヨウボウズハゼの特徴です。

ナンヨウボウズハゼ

ナンヨウボウズハゼ

このハゼは本当にカラーバリエーションが豊富です。

ナンヨウボウズハゼ

ナンヨウボウズハゼ

そしてこの川の特徴のひとつでもある、ヨロイボウズハゼの多さ。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

何匹かのお腹はとても綺麗なペパーミントグリーン色になって輝いていました。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

背びれは白くなるんですね。

ヨロイボウズハゼ

ヨロイボウズハゼ

メスも載せときます。

ヨロイボウズハゼ、メス

ヨロイボウズハゼ、メス

淡水性のエビ。最近購入した「日本の淡水性のエビ・カニ」図鑑を見たらすぐにわかるかな~? と思って撮影したけれど、それでもわからない。

淡水性のエビさんはわかんないね~

淡水性のエビさんはわかんないね~

この調査を受けて、明後日の本番はがんばりましょうね。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-05/2016, ダイビングログ
-, , , ,