2011年度ランキング スピッツ的生物ランキング

2011年スピッツ的生物ランキング第3位 ホウライザメ

2011/12/29撮影 写真提供お客さまOさん ホウライザメ

もうすでにランキングもほぼ決まりかけていた年末に出会ってしまった・・・。こんな大物に。ウミウシ好きのお客様と一緒だったので、ねちねちウミウシを探していたその帰り。そろそろエグジットポイントに向かおうと泳ぎ出したら・・・、正面からこのサメがのっしのっし泳いできた。

まじ?

咄嗟に頭に浮かんだのは、その一言。だってここは東海岸。水深はたったの5M。この水深でこの大きさのサメに出会うとは・・・・。だって、私の体よりはるかに大きいサメですよ・・・・と、頭の中ではいろんな声が。通りすがりにお客様ともども何枚か撮影しましたが・・・。身の危険を感じるほうが強くて・・・。

通り抜けた後も背後に気を配りながらお客様とダッシュで浅瀬に・・・っていうか、ここも浅瀬だし・・・。

すると、背後から戻ってくるサメの姿が。うーん・・・。浅瀬に迷い込んだサメだろうか? 腹をすかしているのかなー? とにかく危険な状況だろう・・・。砂地にいたし、逃げるときのダッシュによって、砂煙が舞い上がってしまったので、それに導かれて戻ってきたのかもしれない・・・と思い、できるだけ中層を帰る。

岩場のエリアに戻ってきたので、ちょっとスピードダウン。サメの姿が見えなくなったから少しウミウシでも探そうかと思った矢先、また真横にサメ出現。ぼよーぉぉぉぉんんん。

こりゃーまずいでしょう。本格的にまずいでしょう。狙われているって奴じゃない? 逃げましょう、逃げましょう。お客様に戻りましょうのサインを出してエグジット。

足ヒレを脱いでいる最中が最高に怖かったです。ジョーズに襲われるシーンとか、足の立つ浅瀬が多かったと記憶していたので、そそくさと水から上がる。

夜、店に戻って、早速サメの素性を調べる。ネットで調べてもあんまりよくわからない。昔モルディブで餌付けをしていた頃のメジロザメに姿が似ているのでその仲間だろうと探してみるが・・・、検索のやり方自体がよくわからない。

結局、またS先生に聞いてみた。「吻が尖っていて、第2背鰭と尾鰭下葉が明瞭に黒いので、サンゴ礁に生息するとされるホウライザメだと思います。オオメジロは吻が丸いです」とのことです。

ホウライザメってネットで調べても、あんまり詳しいことは書かれていなかった。名前自体も初耳。そんなのが金武湾の浅瀬に迷い込んでいたってぇーのが恐ろしいねー。何も起きなくて本当によかったよ。

第4位第2位

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-2011年度ランキング, スピッツ的生物ランキング
-, ,