2012年度ランキング スピッツ的生物ランキング

2012年スピッツ的生物ランキング第10位 ハダカハオコゼ、ピンク

2012/10/28撮影 ハダカハオコゼ、ピンク色個体

え? ハダカハオコゼ? ふ、普通・・・・と言うなかれ。この個体を初めて確認したのは、2012年の夏前だったと記憶している。それからずっと・・・、翌年の1月まで確認が続いている。あいだには巨大な台風が3個もあり、真栄田岬の海中はものすごく変貌を遂げたというのに・・・・。この個体はほぼ同じ場所にずっーといます。

ピンク色ってのが、また素晴らしいじゃありませんか。白色や黄色の個体よりも全然ありがたみが違う。外見や色で判断してはいけないと人は言うが、生き物にとっては外見こそがすべてだ。

細密な言葉を持たない生物に内面を問うてどうする? 私も齢40を超えて、外見に味わい深く内面がにじみ出ていないようではまだまだケツアオであります。

内面などアピールしなくてもすべてを外見で伝えられるような大人になりたいなー。

と。いうような、いろんな想いを抱え込んでの10位にランクインしたピンク色でした。

2012年インデックス第9位

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-2012年度ランキング, スピッツ的生物ランキング
-, ,