広告 11/2015 ダイビングログ

11/6 沖縄本島ド・マクロビーチはしごダイブ

ヤクシマカクレエビ

リピーターさんが潜りに来てくれて、2人とも似通った趣向。かわいいもの、キレイなもの好きってことで共通しているので、撮りやすくてかわいいものを求めて、あっちのポイントにふらふら、こっちのポイントをうろうろ、はたまたあんなとこにまで出没してキョロキョロしてきました。

みんながフィンを履いているような浅瀬で出会えるユビワサンゴヤドカリ。青色が美しい。

ユビワサンゴヤドカリ

ユビワサンゴヤドカリ

ヤクシマカクレエビは清楚なイメージですね。

ヤクシマカクレエビ

ヤクシマカクレエビ

ホストのアワサンゴもなんか絵になる。

ヤクシマカクレエビ

ヤクシマカクレエビ

思わぬ出会いはニシキリュウグウウミウシ。

ニシキリュウグウウミウシ

ニシキリュウグウウミウシ

こちらはKさんの発見。ピグミーシードラゴン。で、後から発覚したのだが、Kさんは自分自身でトゲツノメエビもこの後に発見して撮影しておられた。すごいっ!! 教えてほしかった~……

ピグミーシードラゴン

ピグミーシードラゴン

でも、私はフリソデエビをゲット。みんなで囲んでゆっくり撮影できました。よしよし。

フリソデエビ

フリソデエビ

嬉しいので、もう1枚貼り付けちゃおう。

フリソデエビ

フリソデエビ

キマダラウミコチョウは最近よく出会いますね。

キマダラウミコチョウ

キマダラウミコチョウ

トノサマダイの子供というか赤ちゃんですね。

トノサマダイyg

トノサマダイyg

エンマカクレエビはサンゴの隙間に。

エンマカクレエビ

エンマカクレエビ

思わぬところで出くわすと嬉しいです。ニシキフウライウオ。しかも黒じゃないし。

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

オオコノハミノウミウシは相変わらず大きいです。

オオコノハミノウミウシ

オオコノハミノウミウシ

何匹いるの? と思いますが、実際は2個体しかいなかったです。

オオコノハミノウミウシ

オオコノハミノウミウシ

頭部をアップで。

オオコノハミノウミウシ

オオコノハミノウミウシ

いろんなものが見れて、楽しい3本でした。またこのルートの潜り歩きはやってみたいな。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-11/2015, ダイビングログ
-, , , , ,