広告 10/2015 ダイビングログ

10/17 ニシエヒガシエ

テトラリア・キンクティペス

いつも潜っていただける地元のリピーターさんと一緒に海で2ダイブ。まずは西の海に。予想以上にうねりはあったものの、満潮時ということもあり、潜水可能と判断しダイビング。深場から浅場までいろいろチェック。

ウミシダには大きなリュウキュウウミシダエビらしきやつが。ウミシダの色がきれいなので、きれいな写真になりやすいシチュエーションですよね。あとはウミシダの腕を画面にどのように入れ込むか……などでセンスが問われますな。

リュウキュウウミシダエビかな

リュウキュウウミシダエビかな

穴の中には大きなウミガメが休んでいました。

穴の中でお休みしていたウミガメ

穴の中でお休みしていたウミガメ

こいつはナニモノだろうか?

なんですか? これ・・・

なんですか? これ・・・

テトラリア・キンクティペスというサンゴの隙間に潜んでいるカニです。カニには見えないよね。ホラー映画のワンシーンみたい……。

テトラリア・キンクティペス

テトラリア・キンクティペス

こ、こいつは大きいっ!! アザミサンゴカクレエビですが、こうまで大きいと模様もよく見える。けっこう複雑な模様を施しておられたんですね。

アザミサンゴカクレエビ

アザミサンゴカクレエビ

エキジット時には大きなうねりがザブーンと押し寄せるので、半ばサーフィン状態で帰ってきます。サーフでお客様も隠れちゃうほど。

うねりの下をかいくぐってエキジット

うねりの下をかいくぐってエキジット

水面に顔を出すと、けっこうな高さの波で怖くなっちゃう場合もあるのですが、水中から見ていると、砕ける波は美しくって、個人的には大好き。いつかもっと上手に撮ってあげたいな~。

うねり・ザブーン

うねり・ザブーン

で、潮が引いてくるので、ヒガシヘ移動。濁っていたけれど、見える範囲をゆっくりダイビング。カイカムリの仲間がいました。

カイカムリの仲間

カイカムリの仲間

東に来たら、やっぱ探してしまう、ウミウシを。リュウモンイロウミウシの幼い子に出会いました。

リュウモンイロウミウシ

リュウモンイロウミウシ

タスジイロウミウシはバックライトで撮影しました。

タスジミドリガイ

タスジミドリガイ

この前もいたチョウチョウコショウダイ。大きくなってしまっているけれど、見る分にはこれくらいのサイズの方が見やすいしね。

チョウチョウコショウダイyg

チョウチョウコショウダイyg

ここでの定番。マダライロウミウシ。電車ごっこしている場面に出会うことも頻繁です。

マダライロウミウシ

マダライロウミウシ

よく似たところで、ヒョウモンウミウシ。背中の青紫の染みが輪っかになっているのがヒョウモンです。

ヒョウモンウミウシ

ヒョウモンウミウシ

見るとドラゴンスープレックスを思い出してしまうのは私だけだろうか? フジナミウミウシ。フジナミウミウシがいるのなら、チョウシュウウミウシもいると楽しいのだが、チョウシュウウミウシはいない。

フジナミウミウシ

フジナミウミウシ

こちらも幼子。クロモドーリス・プレキオーサという学名でずっと呼ばれてきたのだが、このたび新しい図鑑の発刊にちなみ改名されたようです。新しい学名はゴニオブランクス・プレキオースス。なんでも新しいゴニオプランクス属という属ができたようです。和名はまだありません。

クロモドーリス・プレキオーサ改めゴニオブランクス・プレキオースス

クロモドーリス・プレキオーサ改めゴニオブランクス・プレキオースス

そして、ウミウシが少ないとされているこの10月にもたくさん見ることができるケラマミノウミウシです。普通種はなに? と聞かれれば、まずこのウミウシを挙げよう……というぐらいの普通種。今日も普通種に普通に出会えてよかった。

ケラマミノウミウシ

ケラマミノウミウシ

普通種には普通に出会いたい。なにかの環境が変われば、普通のことが普通ではなくなってしまうこともあるでしょう。普通種に出会えることで確認できることも多々ありますよね。変わらずそこにいてほしい。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-10/2015, ダイビングログ
-, , ,