広告 10/2015 ダイビングログ

10/7 イノー観察スノーケリングしてきました

洞窟からイノーへ。スノーケリング楽しい

今日のお客様は大阪のHさんからのご紹介。青の洞窟スノーケリングをリクエストされていたのだが、残念なことに北風ピープー。そんなときでもスノーケリングできる、ありがたいスポットが真栄田岬の青の洞窟の反対側。通称、裏真栄田。

さとうきび畑の間を通って、エントリー。白いビーチが沖縄気分を盛り上げ、ハイテンションになること間違いなしです。

浅瀬にはサンゴがあり、ルリスズメダイなんかもぐっちゃりいて、小学生未満の子供さんたちはここでスノーケリングしているほうが絶対楽しいよ……と、私なんかは思っちゃうのですが、まぁ、青の洞窟に行きたいとリクエストされれば、お連れはするのですがね。小さいお子さん連れのご家族には絶対こっちがいいよ~と本音を言いたくなっちゃうぐらい素晴らしい場所です。

洞窟からイノーへ。スノーケリング楽しい

洞窟からイノーへ。スノーケリング楽しい

今回の子供たちも、手に取れる海の生き物たちで遊びまくり。足が立つし、歩けるし、走ろうと思ったら、走れずこけちゃうし。だけどこけちゃっても、海だから怪我しないし。足の立つ水深ってホント重要。子供を放置させて、子供の遊びたいように遊ばせたかったら、足の立つ水域の確保はマスト条件です。

足の立たない水域があってもいいけれど、そのすぐ近くに足の立つ水域があったほうがいい。

まさに裏真栄田がそれです。

これからの季節、北風が強くなり、青の洞窟に行ける機会はすんごく減っちゃうんですが、この裏真栄田はこれからの冬がまさにシーズン。

ご家族連れは裏真栄田でのスノーケリングで十分に楽しいですよ~。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-10/2015, ダイビングログ
-,