広告 08/2015 ダイビングログ

8/13 またもやナカモトリクエスト+タイドプールダイブ

ロウソクギンポ+陽光

仕事がらみで沖縄にいらしているリピーターさんのダイビング最終日。リクエストは二度目のナカモトイロワケハゼ。

デジイチで張り付くお客さんなので、中本君を教えたら、後は撮れるように祈るのみ。私は教えた個体が引っ込んだりしてダメだった場合の補欠候補に張り付いて待機です。

ただ待機していてもなんなので、バックにライトを置いて試し撮り。ライトを当てる角度によって、いろんな色になります。もちろんその色を活かしたいので、内臓フラッシュはオフです。

ナカモトイロワケハゼ、バックライトのみ

ナカモトイロワケハゼ、バックライトのみ

フラッシュもオンにすると、こんな感じの写真になります。どちらが良いかは好みなので、時間に余裕がある時は、両方撮影しとくのをお勧めします。

ナカモトイロワケハゼ、バックライト+コンデジ内臓フラッシュあり

ナカモトイロワケハゼ、バックライト+コンデジ内臓フラッシュあり

ちょっとライトを離して撮影すると、青みが増しました。

ナカモトイロワケハゼ、バックライトのみ

ナカモトイロワケハゼ、バックライトのみ

砂地では黒い物体が……。けっこうな頻度で出会うので、今回名前を調べてみたら、アマミウシノシタの子供ではなかろうか……という結論に達した。

アマミウシノシタyg

アマミウシノシタyg

透明度、良いですねぇ~!! ダイバーもたくさんいます。

透明度、良しっ!!

透明度、良しっ!!

今回はフリソデエビにも出会えました。

フリソデエビ

フリソデエビ

もちろんキンチャクガニも。

キンチャクガニ

キンチャクガニ

そして最後はタイドプールに行ってきました。

ホホグロギンポが鎮座。下から撮影して水面を取り込みましょう。

ホホグロギンポ

ホホグロギンポ

タイドプールにはこんなのもいます。テングカワハギ子供。

テングカワハギyg

テングカワハギyg

最近、あまり見かけなかった……気がする。ヒレナガカエルウオです。

ヒレナガカエルウオ

ヒレナガカエルウオ

植物のみなさんは光合成に忙しく勤しんでおられる、その成果とも言う酸素バブルが波のないプール内にたくさん張り付いています。

単に泡だけ撮影してもホントきれいなのだ。クリスタルモードで撮影しました。

タイドプールで挑戦したい泡マクロ撮影

タイドプールで挑戦したい泡マクロ撮影

そこにウミウシなんかをからめてみましょう。

もう少し大きいヤツが移動していたら良かったのですが、ニシキツバメウオ、小さかった……。

ニシキツバメガイと泡マクロ+クリスタルモード

ニシキツバメガイと泡マクロ+クリスタルモード

そして多くのタイドプールマニアダイバーのアイドルとなっているのがロウソクギンポであーる。

目が緑、そしてその上にピンクのラインって……。おしゃれぇ~。

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

普通に撮るもよし、

ロウソクギンポ

ロウソクギンポ

太陽が当たったときを狙ってクリスタルモードにて撮影。キラキラだぜっ!!

ロウソクギンポ+陽光

ロウソクギンポ+陽光

スジギンポはダイビングしてては出会えない魚の代表選手。タイドプールに入らなきゃ、絶対出会えない。写真のような水面直下が大好きな魚です。

スジギンポ

スジギンポ

顔もかわいいのだが、今日は全身の姿のみ。失礼!!

スジギンポ

スジギンポ

タイドプールダイビングは潮周りによっては開催できないので、やってみたい人はチケットなどを予約する前にタイドプールで潜れる日程かどうかスピッツに確認をお願いいたします。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-08/2015, ダイビングログ
-, , , , , ,