08/2020 ダイビングログ

8/30 ボートでワイドに優しく2ダイブ

カマスの群れ

今日は久しぶりのお客様がご友人2名を連れて潜りに来ていただきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

お1人、やや初心者の方がおられたので、その方にペースを合わせて潜りました。

耳抜きの確認や深度コントロール、残圧管理など。

ここんとこリピーターさんとしか潜ってないから、あまりシビアにはやってない時もある。エアーの減り方もわかるし、好きな生物もわかるし、余計なことは水中で聞かない。その分撮影に集中してもらってる。

でも初対面の人にはやっぱりちゃんとやらないとお客さんも不安だし、こっちも怖いしね。

で、そんな初心者の方のために……って感じのカマスの群れがいてくれてラッキー。

カマスの群れ

カマスの群れ

小さいイソマグロの群れも通過していきました。ここはホーシュー。マクロではない、ワイドのホーシュー。

でもサメまでは行かないホーシュー。だった、サメはちょっと遠いし。

ボートの下でも十分に楽しいし。

初対面の人と潜る時に、無理をしてはいけない。これがセオリー。

イソマグロ

イソマグロ

その後、2本目はオーバーヘッドロックでウミガメを見たり、サンゴに癒されたりしてきました。ワイドな感じの2ダイブ。

そんなのも、またいとをかし。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-08/2020, ダイビングログ
-, , , ,