03/2020 ダイビングログ

3/7 まだのんびりしていた2ダイブ

ゴシキミノウミウシ

武漢コロナウィルス……と書くと、違和感を感じるほどに中国からの情報はまったくなくなってしまった昨今の日本。現在は4/2です。中国の情報はコントロールされていて、表に出てこないのだろうけれど、ツイッターで追っていると、あちこちで暴動が起きているような感じは受けます。スピッツでは変わらず武漢コロナウィルスと呼んで書いていこう。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

3月はぼちぼち入ってきていた仕事も徐々に減り、3/31の仕事を持って、4月はほぼ全部キャンセルになってしまった。自粛するしか感染拡大を止めるすべのない現状では致し方あるまい。

もちろんキャンセル依頼のメール、電話にも即座の「了解しました」でお応えしております。

キャンセル料金なんてかかるわけないし。みんなで自粛しましょう。

 

私は武漢コロナウィルス関係の助成金、補助金の適用を求めるべく動く4月になりそうだ。

そして3月のログをのんびりと更新しよう。

この日は地元のリピーターさんとボートダイブ。

ファーストコンタクトはでっかいカメでした。

カメさん寝てます

カメさん寝てます

ヨスジフエダイが少し。もうちょっと浅い場所にいてほしいのが本音。

ヨスジフエダイ

ヨスジフエダイ

漁礁ではオレンジサメハダウミウシ。

オレンジサメハダウミウシ

オレンジサメハダウミウシ

ベラの子供たちもいろいろ出てくる季節です。

ヒレグロベラ

ヒレグロベラ

レッドで見るサーシャコヤナギウミウシとは、趣が異なる。

トゲトゲウミウシであろう個体と遭遇。

トゲトゲウミウシ

トゲトゲウミウシ

そして西海岸の泥地といえば……ってウミウシですね。

タスジキヌハダウミウシ。

タスジキヌハダウミウシ

タスジキヌハダウミウシ

お客様がタスジキヌハダウミウシに刺さってくれたので、トゲトゲウミウシを再撮影。

トゲトゲウミウシ

トゲトゲウミウシ

レッドビーチで撮影したサーシャコヤナギウミウシと比較してみると、触角が全然違うな。

サーシャコヤナギウミウシ

サーシャコヤナギウミウシ

ジョオウミノウミウシを探すためにガヤを見ていたら、こんなの乗ってた。

これもコノハガニなのかな?

コノハガニかな?

コノハガニかな?

極小のがついてました。

いろいろ悩んだけれど、もしかして普通のゴシキミノウミウシ?

ゴシキミノウミウシ

ゴシキミノウミウシ

そんな気がする~。でも違うかもね。図鑑では合致する奴が探せませんでした。

ゴシキミノウミウシ

ゴシキミノウミウシ

他にも普通種がちらりほらり。

チリメンウミウシ

チリメンウミウシ

センテンイロウミウシ

センテンイロウミウシ

ツマベニミノウミウシはちょっと嬉しい。

ツマベニミノウミウシ

ツマベニミノウミウシ

と、いう感じの2ダイブでした。

いとをかし。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-03/2020, ダイビングログ
-, , , , , ,