12/2019 ダイビングログ

12/13 特大シラタマ

シラタマツガルウミウシ

陸仕事をするつもりで過ごしていたら、仲良しイントラのTさんから海へのお誘いをいただき、ドライスーツの慣らしもかねて行ってきました。

沖縄でダイビング屋さんとリバートレッキング屋を営んでいるスピッツ世古のブログ記事をご覧いただきありがとうございます。

北東風なので、無理せずレッドビーチです。

カエルアマダイとかツノザヤウミウシとか旬を紹介。

本日は、ちょっと大きい個体とも遊べるアイテムを持参したので、下の写真のような手ごろなサイズと遊べました。これからは常備しよう。冬でもジョーと遊べるのは嬉しい。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

そして狙っていたわけではなかったが、こんなに大きなシラタマツガルウミウシと遭遇できました。

シラタマツガルウミウシ

シラタマツガルウミウシ

ライトで遊んでみたり、いろいろしたけれど、上手に撮れていなかった。

リベンジしないとね。移動しないでほしいけれど、移動しちゃうんだろうなー。

シラタマツガルウミウシ

シラタマツガルウミウシ

そしてユニデンティア属の一種。

世界のウミウシで言う、こちらだね。

ちょっと下からあおって撮ったら、ストロボがウミウシの上を通過していきよった……。

ユニデンティア属の一種

ユニデンティア属の一種

泥地ではカラスキセワタ。

まさに定番。

カラスキセワタ

カラスキセワタ

そして小さいツノザヤウミウシが多い。

ツノザヤウミウシ

ツノザヤウミウシ

最初は

?

というハゼだった。

ニュウドウダテハゼ

ニュウドウダテハゼ

ニュウドウダテハゼの模様が薄いときは、マスイダテハゼにちょっと似てる説……ですな。

ニュウドウダテハゼ

ニュウドウダテハゼ

回り込んでいる間にどんどん色が濃くなって、普通のニュウドウダテハゼになりました。

パンダツノウミウシ、オレンジトラパニア、ミルタブランカ。

まだ見ていない奴、多いな。また探そう。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-12/2019, ダイビングログ
-, , , , , , ,