06/2019 ダイビングログ

6/13 夏装備で軽快ダイブ

ハナゴンベ

仕事終わりに時間ができて、雨も止んで、波も穏やかだったので、ちょっと潜ってきました。しかも夏の装備で。そう、いわゆる那覇スタイル。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

フード付きジャケットのウエットスーツを羽織るだけなので、ウエイトは0kgでいいし、とても身軽。心配なのは寒さだけだが、25-26℃もあればたぶん、きっと、おそらく……大丈夫だはず……。

今日はどこに沈もうか? と考えながらエントリー。

うん。行ける。

寒くないね。

 

でも、下に降りると寒いのかな?

 

うーん……。

 

近場かな……。

寒くなったらすぐに上がれるように、今日は近場だな。

 

うん。

 

ハナゴンベの子供を探す。

ハナゴンベ

ハナゴンベ

すげー小さいのはいないけれど、写真ぐらいのサイズなら数匹確認。

スミレナガハナダイもまとまっていました。

かわいいサイズの子供もいて、頑張って撮影したつもりだったのに、全部ピンボケ。残念。

スミレナガハナダイ

スミレナガハナダイ

逃げなかったホシクズベニハゼ。

ホシクズベニハゼ

ホシクズベニハゼ

探すつもりはなかったけれど、見たら、いた。

こんなとこにもいたんだねー。

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

浅瀬に戻って、探していたモノとは出会えなかった。

クロユリハゼ子供の群れに混ざって泳いでいた、ゼブラハゼ子供。

ゼブラハゼ子供

ゼブラハゼ子供

ミノカエルウオだと思っていたけれど、よくよく調べたら、タテガミカエルウオであろうと思った。

タテガミカエルウオ

タテガミカエルウオ

うんうん。

タテガミカエルウオだろう。

タテガミカエルウオ

タテガミカエルウオ

安全停止の水域はキビナゴのパラダイス。

キビナゴの群れ

キビナゴの群れ

60分ぐらい潜っていると、ちょっと寒くなったけれど、もう夏の装備で大丈夫だ。

さようなら、冬の6.5ミリウエットスーツ。

さようなら、ヘビーウェイト。

さようなら、重い器材。

本当に夏が来たねー。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-06/2019, ダイビングログ
-, , , , ,