05/2019 ダイビングログ

5/17 ナカモト牧場におじゃま

ナカモトイロワケハゼ

北部にも行ってみたいと事前にリクエストももらっていたので、行ってみました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

そして当然のごとく、ナカモトイロワケハゼ詣で。

牧場管理主さんに最大の敬意を持ちつつ、牧場に入らせていただき、整備されたフィールドで遊ばせていただく。

きれいな貝殻に住んでいるなー。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

寄れるね~。フィッシュアイモードで遊べるぐらいに寄れる。

お客さんが刺さる人なので、私も空いているナカモトさんに刺さって、遊んできました。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

こんな感じでも撮ったりね。

私でも楽しいんだから、お客さんはそりゃー楽しいわね。

ナカモトイロワケハゼって本当にアイドルだな。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

そして、これこれ。

ホネホネハウス。

まぁー、なんというか……。

ゴージャスだね。

ナカモトイロワケハゼ in ホネホネハウス

ナカモトイロワケハゼ in ホネホネハウス

いろいろ撮影してみるんだけれど、絵にするのが最高に難しい。

悩んでいると、ペアの二人がそろって顔出してくれてたりしてサービス満点。

でも、構図が決まらず、試行錯誤している間に泳ぎだしたり、隠れちゃったり。

ホント難しい。

ナカモトイロワケハゼ in ホネホネハウス

ナカモトイロワケハゼ in ホネホネハウス

ウミウシも歩いてました。

タスジキヌハダウミウシ

タスジキヌハダウミウシ

青抜きのできる場所にたくさんいました。ガラスハゼ。

ガラスハゼ

ガラスハゼ

おう。

なんじゃこりゃー。

黄色のオリヅルエビじゃん。

この色彩の個体はお初です。嬉しい。

オリヅルエビ、イエロー

オリヅルエビ、イエロー

でっかいオニダルマオコゼが3つ並んでいました。

オニダルマオコゼ3兄弟

オニダルマオコゼ3兄弟

キンチャクガニも登場。

キンチャクガニ

キンチャクガニ

セミエビ? ゾウリエビ? そんなのもいました。

セミエビかな?

セミエビかな?

コウイカの仲間の子供サイズがたくさん見られる季節ですね。

コウイカの仲間子供

コウイカの仲間子供

久しぶりに大きいのと出会いました。

ペリクリメネス・ストォルチィ。

ペリクリメネス・ストォルチィ

ペリクリメネス・ストォルチィ

こいつもたくさんいました。大人はそんなに見ないけれどね。

アマミウシノシタ子供。

アマミウシノシタ子供

アマミウシノシタ子供

前より減ったような気がする。

オオアリモウミウシ。正面から撮りたいんだけれど、移動スピードが本当に速いんだよね。

ハウジング内が曇ってしまって、写真がクリアに撮れなくなってしまった。

オオアリモウミウシ

オオアリモウミウシ

最後の最後にゴミみたいなアオモンツガルウミウシが出てきました。

アオモンツガルウミウシ

アオモンツガルウミウシ

2ミリぐらいでした。

ナカモトイロワケハゼ、やっぱかわいいね。久しぶりに見ると、そう思います。牧場管理主さん、感謝。

マルチダイビングやり直し設定

  • この記事を書いた人

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-05/2019, ダイビングログ
-, , , , , , , ,