広告 05/2018 ダイビングログ

5/18 はしごビーチダイブ

ナカモトイロワケハゼ

今日から別のリピーターさんも参加。明日からはウミウシ大好きなお客様が増えるので、今日はウミウシ以外で狙ってみます。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

とはいっても、ウミウシ出てきたら、ちゃんと紹介するんだけれどね。だって、今日のお客さんたちはウミウシも好きですからね。

最初はピグミーシーホースから攻めてきました。徐々に浅場に戻りつつ見つけられる生物で遊ぶ。

もちろんウミウシが出てくるのは、まだまだ多いから。

オトヒメウミウシ

オトヒメウミウシ

シモフリカメサンウミウシ

シモフリカメサンウミウシ

トウリンウミコチョウ

トウリンウミコチョウ

モザイクウミウシ

モザイクウミウシ

シラナミイロウミウシ

シラナミイロウミウシ

大きいウミウシがけっこう見つかった。

途中でウミシダに住んでいるエビも見せる。

パッと見て、見慣れない感満載のエビが登場。

ラオメネス・コルヌトゥスかな?

ラオメネス・コルヌトゥスかな?

ラオメネス・コルヌトゥスかな~?

ちょっと名前がわからない。腰元の黒い輪っかが特徴的です。

ジュッテンイロウミウシ

ジュッテンイロウミウシ

浅場でもウミウシ見れました。

そしてここから大きく移動。

ナカモト君と遊んできました。

今年の牧場はバラエティー豊かな家屋が並んでおりました。

牧場主に感謝。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

大きい貝にもペアで住んでいました。

でも、ビンのナカモト君に慣れてしまったからかな……?

撮るイメージがわかない……。

大きい貝の家のナカモト君はどう撮ればいいのだ?

お客さんも頑張っておられたけれど……。

で、空いたビンのナカモト君は冬からここにいる常連さんでカメラ派ダイバーの扱いも手慣れたもので、ビンから出て2個体で浮いてくれたり、

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

ひそひそ話してくれたり、

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

二階建てフォーメーション決めてくれたりしてくれました。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

この前もいたアミメベンケイハゼに今日も再訪。

アミメベンケイハゼ

アミメベンケイハゼ

安全停止しながらコンペイトウコブシガニと遊べました。

コンペイトウコブシガニ

コンペイトウコブシガニ

3本目はアカメハゼ狙いで潜ってきました。

お客さんがアカメハゼに刺さっている周囲をうろうろ。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボがいたり、キツネベラ子供がいたり。

キツネベラ子供

キツネベラ子供

ちょっと珍しいゲンノウツバメガイと遊べました。

ゲンノウツバメガイ

ゲンノウツバメガイ

アラリウミウシ

アラリウミウシ

サンゴヒメエビ

サンゴヒメエビ

最後にサンゴヒメエビ。ここはサンゴヒメエビ率高いね。

明日からウミウシダイブです。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-05/2018, ダイビングログ
-, , , , ,