広告 05/2018 ダイビングログ

5/14 ネタチェック

ヤノルス属の一種

今日はノーゲストだったので、1人でふらふら潜ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

最初に出会ったのはニラミハゼの仲間。何年か前にも出会っていて、瀬能先生の魚類写真資料データベースにも登録してある個体の子供にあたると思います。

こちらの投稿です。

ニラミハゼ属の一種

ニラミハゼ属の一種

背びれの黒い点々が特徴ですかね。

ニラミハゼ属の一種

ニラミハゼ属の一種

卵がたくさんあるな~と見えたら、探さずにはいられないミュヤ・ロンギコルニス。

予測通り、見つけられたら、ふふふふ。

嬉しいもんです。

ミュヤ・ロンギコルニス

ミュヤ・ロンギコルニス

この季節はテンジクダイ、イシモチの類も放置できない。

下の写真のようなシーンが随所に見られる。

ちなみにこちらはきれいな海ではあまり見られないセホシテンジクダイの口内抱卵。

セホシテンジクダイの口内抱卵

セホシテンジクダイの口内抱卵

冬でもいなくなることはないけれど、温かくなるとその数はびしばし増えてくる、テングギンポハゼ。

テングギンポハゼ

テングギンポハゼ

美しいウミウシだ。

ユニデンティア・ニホンロッシャよ。

ユニデンティア・ニホンロッシャ

ユニデンティア・ニホンロッシャ

あら。こんなところで、カエルアンコウ。

いつまでいてくれるのか? きっとすぐにいなくなるであろう。

カエルアンコウ

カエルアンコウ

おおおお・・・・。

トゲトゲウミウシとヤノルス・サヴィンキンイの差がよくわからない。

ここにヤノルス属の一種って選択肢もあるので、余計にややこしい。

疑わしきは、素人は判断せず。

ヤノルス属の一種扱いにすべきが得策だね。

ガイドにとって大事なのは分類ではない。

きれいでかわいいウミウシを紹介することだ。

分類は学者さんに任せて、私はその情報を得られればそれで万々歳。できるだけ正確な情報で紹介したいとは常に思っております。

ヤノルス属の一種

ヤノルス属の一種

撮り方のバリエーションまで紹介で来たら、なおさらに良ろし。

ヤノルス属の一種

ヤノルス属の一種

良い出会いのある2018年でありますように。

これからベストシーズンが始まるぜっ!!

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-05/2018, ダイビングログ
-, , , , , ,