広告 05/2018 ダイビングログ

5/3 北風GW~

ミュヤ・ロンギコルニス

今日から北風。GW前半はあんなに良いお天気と海況だったのに……。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

東海岸で遊んできました。

ピンク色のヨコエビの仲間がいたので紹介。

ヨコエビの仲間

ヨコエビの仲間

ミュヤ・ロンギコルニスは2か所で確認。

って、これ、ミュヤ・ロンギコルニスだよね?

ミュヤ・ロンギコルニス

ミュヤ・ロンギコルニス

ネコジタウミウシ属の一種はお客様の発見。

ネコジタウミウシ属の一種

ネコジタウミウシ属の一種

たくさん見られるサボテングサにはコノハガニ。

コノハガニ

コノハガニ

この季節ならば、探せば見つかるトガリモエビ属の一種。

トガリモエビ属の一種

トガリモエビ属の一種

先日見たキンセンウミウシと同じであろう個体が卵を産んでいました。

キンセンウミウシ

キンセンウミウシ

なにかいないか探していると、何かが出てくる季節になった。夏が来るとはそーいうことだ。

マツゲメリベウミウシ

マツゲメリベウミウシ

泥地をさまよっても、いろんなハゼと出会える。

冬にはすぐに隠れられたハゼたちだけれど、程よく遊んでくれる。

それが夏だということだ。

ヤツシハゼ

ヤツシハゼ

なにもないように見える泥地にも隠れている生物は多い。

名のわからぬエビさんと、

エビさん

エビさん

いつもの常連、カエルアマダイです。

カエルアマダイ

カエルアマダイ

観察していると、我々の周囲をカイワリの仲間がぐるぐる回っている。

本当に邪魔だ。

カイワリの仲間

カイワリの仲間

それにしてもカエルアマダイの多さはなんたることか。今年は非常に多い。いつまで見られるかな?

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-05/2018, ダイビングログ
-, , , , , ,