広告 04/2018 ダイビングログ

4/30 カエルアンコウ祭り、ようやく参戦

ちびカエルアンコウ

地元のリピーターさんが潜りに来ていただけたので、2ボートダイブ。FBなどによると、今瀬良垣ボートではちびカエルアンコウ祭りが開催中ってことで、遅ればせながら参加させていただこうと乗船しました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

仲の良いガイドさんたちからいろいろ情報を集めてエントリー。

お客様がカエルアンコウに刺さっている間にその周囲をうろうろ。

ヨリメハゼ属の一種がいました。

ヨリメハゼもしくはその仲間

ヨリメハゼもしくはその仲間

3匹もいるので、空いている個体を私も撮影させていただいた。

ちびカエルアンコウ

ちびカエルアンコウ

白い子は嬉しいね。

ちびカエルアンコウ

ちびカエルアンコウ

ちびカエルアンコウ

ちびカエルアンコウ

うんうん。みんなかわいい。GW終了までみんなのアイドルでいてほしい。

その周囲をウロウロする見慣れない魚に私はロックオン。

前からいたっけ? こんなの?

テンスモドキかな?

テンスモドキかな

テンスモドキかな

ピグミーシーホースもみてきました。

しかも極上のちびがいました。かわいい。

ピグミーシーホース

ピグミーシーホース

ハナゴンベは子供をいつも探しているのだが、若者ぐらいのサイズと遭遇。

ハナゴンベ

ハナゴンベ

ウミウシもまだまだいます。

シラナミイロウミウシ

シラナミイロウミウシ

モザイクウミウシ

モザイクウミウシ

カールおじさんホヤは1個体しかいませんでした。

カールおじさんホヤ

カールおじさんホヤ

スジシマイソハゼ

スジシマイソハゼ

カスリヘビギンポ

カスリヘビギンポ

イチゴミルクウミウシ

イチゴミルクウミウシ

最後にかわいいウミウシと出会えました。

しかし穏やかなGWだね~。前半に遊びに来た人たちは温かい沖縄で良かったね。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-04/2018, ダイビングログ
-, , , , ,