広告 04/2018 ダイビングログ

4/28 GW前半は仕事の合間に1人でふらふら

タイワンマトイシモチ口内抱卵中

まだGWまであと数日。リバートレッキングに行きながら、空いてる時間を見つけてはネタ調査。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

あれ、今カレンダー見たら、もう4/28ってGWじゃん!!

ああ、そうだった。GW前半はリバートレッキング屋さん専念してたんだった~。

忘れていました。

まぁ、GWに1人でふらふら潜れる贅沢な時間を満喫。

でも、探していた生物とは出会えず……。

セボシウミタケハゼ?

セボシウミタケハゼ?

きれいなカイメンにハゼが乗っていたので撮ってとみる。

タイワンマトイシモチはこれといって取り柄のない生物。色が派手なわけでもなく、個体数が少ないわけでもなく、きれいなサンゴ礁にいるわけでもない。たいてい泥地にいるし。

でも、口腔内に卵を頬張っているシーンはこの季節ならではで、実にフォトジェニック。

今日はいい場所にいたので、水中ライトを駆使して、ちょっといい感じに撮ってあげた。

タイワンマトイシモチ口内抱卵中

タイワンマトイシモチ口内抱卵中

もっと卵が成育した後に再訪してみたいね。

タイワンマトイシモチ口内抱卵中

タイワンマトイシモチ口内抱卵中

あと、いろんな魚の子供も多くなってきました。

ケラマハナダイちび

ケラマハナダイちび

ケラマハナダイ、キンギョハナダイのちびたちの競演。

ケラマハナダイ、キンギョハナダイのちびたち

ケラマハナダイ、キンギョハナダイのちびたち

探し物を求めて、今一度時間を作るべきか?

でも、作れないかな~・・・・・。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-04/2018, ダイビングログ
-, , , ,