広告 03/2018 ダイビングログ

3/23 ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

以前、沖縄に住んでおられたリピーターさんがリピートしてくれました。ありがとうございます。ウミウシも撮るけれど、メインの好みはハゼなので、ハゼのリクエストを聞きながら潜ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

午前中、仕事があったので、空港到着後、高速パスで名護まで移動お願いしました。そのおかげで午後からゆっくり2ダイブできました。

最初はリクエストでナカモトイロワケハゼに行ってきました。

卵を持っている個体もいましたし、愛想の良い個体もいまして、ほぼ最短距離で撮影できました。ノートリミングでドアップ。

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

夜にお家でお留守番しているような感じで……。

「早く帰ってこないかな~」

ナカモトイロワケハゼ

ナカモトイロワケハゼ

前からいたのかわからなかったけれど、たくさんいました。ウミショウブハゼか、もしくはその仲間。

今度は背びれまでちゃんと撮りたい。

ウミショウブハゼもしくはその属の一種

ウミショウブハゼもしくはその属の一種

お、かわいいね~。

たぶんヨリメハゼ……。その仲間。

だからヨリメハゼ属の一種ということになるのかな。

ヨリメハゼ属の一種-2かな(図鑑「日本のハゼ」)

ヨリメハゼ属の一種-2かな(図鑑「日本のハゼ」)

目の中を茶色のラインが横切ってますね。

ヨリメハゼ属の一種-2かな(図鑑「日本のハゼ」)

ヨリメハゼ属の一種-2かな(図鑑「日本のハゼ」)

背びれおっぴろげ~はアオイソハゼでしょう。

アオイソハゼ

アオイソハゼ

ウミウシもいたら紹介。

ムラサキウミコチョウ

ムラサキウミコチョウ

でも、あんまり見なかったな。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-03/2018, ダイビングログ
-, , , , ,