広告 03/2018 ダイビングログ

3/17 エビ、カニ、ウミウシ、魚、いろいろ

ヒレナガカサゴ

昨日に続いて今日もダイビング。今日は北部に行ってきました。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

お客様がハゴロモハゼ属の一種に刺さっておられる間、私はうろうろ。

大きなミドリリュウグウウミウシに3個体も出会ってしまった。

ミドリリュウグウウミウシ

ミドリリュウグウウミウシ

模様が美しい、イソカクレエヒビ属の一種。

イソカクレエビ属の一種

イソカクレエビ属の一種

迷わずに行ければ、残った時間でいろんな場所を見る余裕も生まれる。ようやくその領域に達してきた。長かった~。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

かわいい。タテキンの子供。

タテジマキンチャクダイ子供

タテジマキンチャクダイ子供

あら?

ヒレナガカサゴ

ヒレナガカサゴ

黒い奴……。

ホウボウの子供だろうね。

と、思っていたこの魚。帰ってきて、PCに拡大された画像を見て、「あら……」と、思った。

ヒレナガカサゴ

ヒレナガカサゴ

この人、ホウボウじゃないね。

で、図鑑を見たけれど、合致する奴が全然見つけられない。

諦めて、FBの「44の海の談話室」に投稿し、教えていただきました。

ヒレナガカサゴ

ヒレナガカサゴ

結局、ヒレナガカサゴというのに落ち着きました。

コモンウミウシ

コモンウミウシ

カノコマダラガニ

カノコマダラガニ

マツゲメリベウミウシ

マツゲメリベウミウシ

そして泥地にも迷い込んできました。

トモエミノウミウシ属の一種-2(サイト世界のウミウシより)

トモエミノウミウシ属の一種-2(サイト世界のウミウシより)

トモエミノウミウシ属の一種-2(サイト世界のウミウシより)

トモエミノウミウシ属の一種-2(サイト世界のウミウシより)

ウスバネさんには、この後逃げられてしまいました。お客さんを呼ぼうと、顔を上げた、ほんの数秒の間に潜られてしまい、ロストしてしまいました。申し訳なかったです。

ウスバネウミコチョウ

ウスバネウミコチョウ

シロウサギウミウシ

シロウサギウミウシ

そしてまたもや砂地に戻ってから~の、ダンダラダテハゼ。

ダンタラダテハゼ

ダンタラダテハゼ

アナエビ科の一種は格好良かったです。

アナエビ科の一種

アナエビ科の一種

アナエビ科の一種

アナエビ科の一種

こちらはエビジャコ科の一種でいいのかな?

エビジャコ科の一種

エビジャコ科の一種

ヒラムシ

ヒラムシ

コナユキツバメガイ

コナユキツバメガイ

タキベラの子供のかわいいサイズが2個体いました。

タキベラ子供

タキベラ子供

ウミシダは最初、触る前に生物がいないかどうか確認。

いたら、触らずに撮影したほうが、絶対いいからね。

生物にダメージを与えないのはもちろんそうなんだけれど、撮りやすさも全然違うし。

ホソウミシダヤドリエビ

ホソウミシダヤドリエビ

ここでもハナヒゲウツボいました。

ハナヒゲウツボ

ハナヒゲウツボ

そして最後に出てきたオリヅルエビ。

久しぶりに自分でゲット。

オリヅルエビ

オリヅルエビ

マイ、オリヅルエビはいつまでいるのかな~?

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-03/2018, ダイビングログ
-, , , , , , , ,