広告 03/2018 ダイビングログ

3/16 春雨にカメ~

ミズタマウミウシ属の一種-8

3月なのに、全国的に冷え込んでいますね。そんな今日は春分の日明け、3/22。子供たちの小学校では卒業式が行われる。もうすぐ春休みだね。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

ダイビングのお仕事が続いてきた。でも、リバートレッキングも春休みパワーのためか、増えてきた。どっちもウィンウィンで行けたら一番いいな。よろしくお願いします。

3/16。この日は午前到着のお客様を待って、正午前からダイビング。のんびり潜ったので、2ダイブで終了になりました。ま、慌てて潜水時間短めにして、3ダイブしたところで、忙しいだけで楽しくないので、スタート遅くなってしまったこーいう時は「2ダイブで良い」という割り切りが大事だ……、と思います。

レッドビーチでウミウシ探してきました。

キイボキヌハダウミウシ

キイボキヌハダウミウシ

コナユキツバメガイ産卵中かな

コナユキツバメガイ産卵中かな

ナナフシウミウシ

ナナフシウミウシ

かわいい奴と出会えました。パンダツノウミウシの10㎜サイズ。

体のわりに各触角が長く見えて、いとをかし。

パンダツノウミウシ

パンダツノウミウシ

こちらも小さくて、15㎜サイズ。

私の老眼の肉眼では背中の2つの穴ぽっこ模様は見えませんでした。

ヒボタンウミウシ

ヒボタンウミウシ

そしてツノザヤウミウシかと思ったら、ちょっと違っていて、

ミズタマウミウシ属の一種。サイト、世界のウミウシで言うところの8番ですね。

ミズタマウミウシ属の一種-8

ミズタマウミウシ属の一種-8

これが、また……、小さいんですよ。

肉眼ではゴミにしか見えない。

ミズタマウミウシ属の一種-8

ミズタマウミウシ属の一種-8

だからせめてこんな感じでコケムシについているところをそのまま撮影しないと、絵にできないです。

私はね。私、コンデジですから。

繊細なピント合わせとか無理なので。

ミズタマウミウシ属の一種-8

ミズタマウミウシ属の一種-8

こんなのもコケムシについていました。

たぶん、チャイロオウカンウミウシでいいのではないでしょうか?

チャイロオウカンウミウシ

チャイロオウカンウミウシ

チャイロオウカンウミウシ

チャイロオウカンウミウシ

そして、こんなのも。

フジタウミウシ属の一種 -3(サイト世界のウミウシより)

フジタウミウシ属の一種 -3(サイト世界のウミウシより)

もちろん定番も見られました。

ユウグレイロウミウシ

ユウグレイロウミウシ

トラパニアはそんなに見つけられなかった。でも、いそうな場所を全部見て回ったわけではなくて、けっこう砂泥地をさまよっていたので、トラパニアに関してはあまり参考にならないデータだ。

これって、カメじゃん!!

という出会いがありました。

陸のカメさん

陸のカメさん

しかも、陸上で……。

陸のカメさん

陸のカメさん

こんな場所で……。

陸のカメさん

陸のカメさん

ゼニガメなのかな? かわいかったです。ゼニガメってクサガメのことだったのね。なるほど。

草むらに逃がしてあげましたが、無事に生き延びてくれることを願う。

陸のカメさん

陸のカメさん

と、まぁ~。

こんなダイビングでした。もうすぐウミウシ合宿だ。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-03/2018, ダイビングログ
-, , , , , ,