広告プロモーションが一部含まれています 03/2015 ダイビングログ

3/18 久しぶりのリピーターさんとじっくり2ダイブ

イラモツノテッポウエビ

今日は数年前まで名護に住んでおられたリピーターさんが久しぶりに沖縄に遊びに来られているので、ダイビングでもスピッツに潜りに来てくれました。ありがたや。いつもビーチが好きなお客様で、長くのんびりと・・・。ひとつの被写体にじっくり時間をかけるリピーターさんで、ネタを紹介したら、しばらくはそこから動かないので、私もその周辺をウロウロして新しいネタを探せて、またそれを紹介して・・・と。狭い範囲であまり動かず、いろいろ細かいものを探し出せたありがたいお客様でした。

こーいう人にたくさん潜りに来ていただけると、もっといろいろ楽しげな生物ネタが見つかることだろう。我こそはそーいう人だよ・・・というダイバーさんはぜひ潜りに来てくださいね。あ、でも、ビーチダイブじゃないとのんびりはできないので、体力はマストアイテムです。ボートダイブは基本的に乗合船を利用しているので、出港時間、潜水時間などがちゃんと設定されていますので、みんなで乗船している以上、それは遵守しなければならないルールですから、ボートダイブだとじっくり撮影できるのはひとつかふたつのネタになることが多いですね。ボートダイブだと潜水時間は45分ほどになることが多いです。

で、今日は南東風なので、じっくりのんびり西海岸を潜ってきました。

クマノミちゃん

クマノミちゃん

深場ではスミレナガハナダイの子供を捜したのですが、今の時期はまだまだ出てきていませんでした。早く温かくなって、いろんな魚の子供たちが見られる季節になってほしいですね~。

チリメンウミウシ産卵中

チリメンウミウシ産卵中

岩のトップの非常にわかりやすい場所で産卵していたチリメンウミウシ。こんな場所で産むなんて・・・。よって背景はブルーに決定。

チリメンウミウシ、マクロモードフィッシュアイフィルターONにて撮影

チリメンウミウシ、マクロモードフィッシュアイフィルターONにて撮影

接近して撮影してみました。

サラサウミウシとチリメンウミウシは同一種だと呼ばれていたときもありましたが、現在は別々に呼ばれているようです。こちらを参照

テンセンウロコウミウシ

テンセンウロコウミウシ

見つけられると嬉しいウロコ系のウミウシが登場。正面顔も撮ってみたくなるよね~。

テンセンウロコウミウシ、正面顔、目が見えますか~?

テンセンウロコウミウシ、正面顔、目が見えますか~?

つぶらな瞳が確認できます。できました?

近くにはオオメハゼもいました。赤い点々がチャームポイントです。

オオメハゼ

オオメハゼ

そして、モウサンウミウシでもついてないかなーと探したカイメンの上を移動する奇妙な生物を発見。なんだ? これは?

はさみらしきものが見えるけれど・・・、エビ?

な、なんだ!! これは!! 正体不明・・・えび? かに?

な、なんだ!! これは!! 正体不明・・・えび? かに?

カニ? こんなカイメンに住んでいるこんな大きい甲殻類は初見だ・・・。

真上から撮影してみた

真上から撮影してみた

ふむ。この形・・・。どっかで見た覚えが・・・。イソバナガニ・・ってこんな姿じゃなかったっけ? うーん・・・。悩ましいけれど、たぶん、そーいう仲間だろうね。次も同じところにいる確立は低そうだけれど・・・、もし、いたら・・・、この黒いカイメンに住んでいるってことになるんだけれど・・・

次にセンテンイロウミウシのようなヤツが。誠文堂新光社から発売されているネイチャーウォッチングガイドブックのウミウシ本を見てみると、バーチィは触覚にオレンジ色の輪がひとつだけってことでしたので、下の写真の個体はセンテンイロウミウシではなくて、ヒュプセロドーリス・バーチィなのかな? と判断。このへんはややこしくって、体の色だけ見ていると差がよくわかりません。

ヒュプセロドーリス・バーチイ

ヒュプセロドーリス・バーチイ

探すとけっこう見つかるカクレモエビsp。早く名前がつかないかな・・・。

カクレモエビsp

カクレモエビsp

シロミノウミウシだろうなと思って撮影していたけれど、口触手にも触覚にも色がついている。・・・。まぁー個体差って思っていいレベルなのかな・・・。よくわからん。

シロミノウミウシ

シロミノウミウシ

ウミウシを探していると、他の生物もいろいろと目に入ってくる。このソメワケヘビギンポもそのひとつ。今日の個体はあまり動かない良い子でした。

ソメワケヘビギンポ

ソメワケヘビギンポ

小さい・・・。2ミリぐらいのウミウシでした。撮れるコンデジの素晴らしさよ・・・。

ホリミノウミウシsp

ホリミノウミウシsp

久しぶりに出会ったエレガントヒオドシウミウシです。

エレガントヒオドシウミウシ

エレガントヒオドシウミウシ

まぁーウミウシはいるんですけれど、年末年始の浅瀬でミノウミウシ系が大爆発していた頃の圧倒的な感じはナリを潜めちゃった・・・って感じですね。

で、ポイントを変えてみました。すると、カールおじさんホヤが大量に!!

カールおじさんホヤ大量発見!!

カールおじさんホヤ大量発見!!

う、嬉しいぃ~。お客様もけっこう刺さってくれたので、なおさらに嬉しいぃ~。背景が赤色の岩だったので、それを上手に利用できないか奮闘されていたようです。いいのが撮れているといいなぁ~。

ウミウシもちょこちょこ出て、マイチョコウミウシ。

マイチョコウミウシ

マイチョコウミウシ

アカボシウミウシは変な顔・・・。

アカボシウミウシ

アカボシウミウシ

接近して・・・、さらに変顔・・・。

アカボシウミウシ

アカボシウミウシ

コンデジでもいろんなフィルターが装備されているので、いろいろ遊べるのがオリンパスのTG2の良いところです。

白化したサンゴの上でハナグロイソハゼが止まっていたので撮影。でも、白いサンゴに露出があっちゃって、魚は黒っぽくなってしまった。もっと露出を補正して撮影しようかと思ったら逃げちゃいました。

ハナグロイソハゼのメスかな

ハナグロイソハゼのメスかな

サンゴにできた穴を住処としているヒナギンポ。私はこーいうの大好きなので、見つけたらついつい紹介しちゃうんだよね~。

ヒナギンポ

ヒナギンポ

最近、定位置でずっと見られているイラモツノテッポウエビです。探すとけっこういますが、痒くなることが多いのでグローブはしといたほうがいいです。イラモは怖いよ。このエビはよくかぶれないね。(*イラモとは有毒生物なのです)

イラモツノテッポウエビ

イラモツノテッポウエビ

でも、エビはキレイなんですよね~。目が黄色ってのがなんともヒールな感じで、最近のお気に入り。見たい人はリクエストしてね。

最後は特大のアオヤガラに遭遇。奥にいるダイバーに負けないぐらい大きかったです。こんなに大きいと、たかがアオヤガラですが、肌のつやとかじっくり見てしまう・・・。よく寄生虫がついていて、魚の体の上を飛び跳ねるように移動しているのだが、この子には寄生虫ついてませんでした。

特大アオヤガラ

特大アオヤガラ

いろいろ見られた、楽しいダイビングでした。

PickUp

水原一平大谷翔平身代わり 1

大谷翔平選手の結婚報道でおめでたかったムードが一転。専属通訳としてドジャースに雇われていた水原一平さんが解雇されました。日本中の話題となっているこの記事、アメリカではどのような報道がなされているのか? ...

大谷翔平と結婚できる女性ってどんな人 2

大谷翔平選手の結婚報告を受けて、「奥さまってだれ?」、「どんな人なんだろう?」という推測記事がたくさん出回っています。芸能人、スポーツ選手の結婚って……普段は私もそんなに気にならなくて放置なんですが… ...

水原一平宣誓供述書 3

2024/4/12、大谷翔平さんを巻き込んだ、元通訳の水原一平さんの賭博問題に関して新しいニュースがありました。 記事の内容を読むと、大谷翔平選手がまさに「純粋な被害者」であることが記述されています。 ...

妻,田中真美子さんが 大谷翔平人生設計図に与える影響 4

2024/2/29に結婚発表。その翌日、3/1にアメリカのキャンプ地で取材に応じ奥様のことを教えてくれた大谷翔平選手。奥様のお名前は伏せられたままだったので、ネット上ではいろんな推測記事が飛び交ってい ...

トロットガールズジャパン 5

YouTubeショートで不意に流れてきた美空ひばりの「愛燦燦(あいさんさん)」を歌う、いや、歌い上げるディズニープリンセスのようなドレスを着た女性シンガーに耳目を奪われた人も多いハズ。 サビのアレンジ ...

倉沢しえり&オジンオズボーン篠宮 6

前回のチラリズムネタ「チラッチッチッチチラッ」でバズりまくった、倉沢しえりさんと元オジンオズボーン篠宮さんの即席コンビ「チラジョボビッチ」。今日は2人の新ネタがYouTubeショートに不意に流れてきた ...

adoさんの唱、和訳 7

2023/9/5にYouTubeに投稿されたAdoさんの「唱」。畳み掛けるようなリズムの渦にあっという間に巻き込まれたかと思えば、Adoさんのすさまじいボーカルでニヤけるしかなくなっちやうような、圧倒 ...

福留光帆の大喜利力 8

伝説の始まりは2024/3/2、YouTubeチャンネル「佐久間宣行のNOBROCK TV」に挙げられた一本の動画だった。 3月になって、とんでもない逸材がYouTubeで脚光を浴びています。「福留光 ...

TOMOOの父、大学、弟 9

人気番組「関ジャム」で、プロが選ぶ2023年間マイベスト選出企画が放送されました。毎年、恒例の企画で私も大好きです。2023年のベスト10を発表する3名は、いしわたり淳治さん、 蔦谷好位置さんのレギュ ...

モモカジャパンにアンチファン国際女性デーHAPPY WOMAN賞受賞 10

皆さんはYouTubeの「モモカジャパン」というチャンネルをご存知ですか? 日本に遊びに来た……、または日本に住んでいる外国人にホストであるモモカさんが和食をごちそうし、そのリアクションを楽しむチャン ...

-03/2015, ダイビングログ
-, , , , ,