広告 01/2018 ダイビングログ

1/18.19 さして収穫なし

グルクマの群れ

頂き物のドライスーツに年末年始の連続ダイビングですっかり慣れてしまった。なので冬だというのに連日潜りに出かけました。ちょっと調査で。お客さんはゼロ。

沖縄本島恩納村のダイビング屋さん&トレッキング屋さんをやっておりますスピッツ世古です。当ブログへお越し頂き、ありがとうございます。

朝、子供らを学校に送迎した足でそのまま海に。一本サクっと潜って午後は陸仕事などにあてる。そんな贅沢な日々だ。見たい生物があって、いろいろ聞いて、潜ってみるのだが、全然だめだ。

来週もちょっと頑張ってみよう。

写真もほとんど撮らずにほとんど泳いで終わることが多い。

シンデレラウミウシ

シンデレラウミウシ

水のきれいなドロップオフの壁などでしか見られないと思っていたら、泥地にも生きて動いているシンデレラウミウシがいました。

ロブスト・リボンゴビーは多い。

ロブスト・リボンゴビー

ロブスト・リボンゴビー

安全停止しているとペコソと遭遇。

プロカモペルス・ペコソ

プロカモペルス・ペコソ

冬なのでグルクマも群れてます。

グルクマの群れ

グルクマの群れ

まぁ~、暇な季節に遊びで1人で潜れるのは嬉しいことです。いつか良い結果が出てそれが良いガイドにつながっていけばいいな~。

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-01/2018, ダイビングログ
-, , , , ,