広告 軽石1

2022/5/1マリブビーチ軽石漂着現状報告-沖縄恩納村-大潮なのに昨日と大差ない風景、やるせない北風のGW

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況

2021/10月に小笠原近海で噴火した海底火山「福徳岡の場」。そこから流れてきた大量の軽石が半年経過してようやく気にならないほど減少しました。

momi
momi

2022/3月ごろからほとんど気にならなくなりましたが、それは沖縄で半年間ずっと軽石を見てきたから

観光客が何も知らないで沖縄のビーチに来たら、果たしてどう思うかな?

spitzseko
spitzseko

2021/10月から半年間の軽石ライフ

2022/4/15現在、沖縄読谷村宇座ビーチの軽石状況
2022/4/15現在、沖縄読谷村宇座ビーチの軽石状況

この上の写真は読谷村にあるロイヤルホテル沖縄残波岬、ウザテラスビーチクラブヴィラ前のウザビーチです。

西に面したビーチで今回の軽石騒動とはほぼ無縁でした。

それでもこの程度の量の軽石はビーチに転がっています。

spitzseko
spitzseko

私は恩納村のマリブビーチを6か月間ずっと定点観察してきました。

マリブビーチは沖縄のダイビング・スノーケリングポイントとして有名な真栄田岬を有する半島………(というほどのものでもないですが)出っ張った地形の付け根にあり、北風に乗って流れてきた漂流物が流れ着く場所にあります。

2021-2022年の冬の間、軽石が砂漠のようにビーチや海を覆いつくした時期もありました

Kamo
Kamo

2022/5/1の天候 (ヤフー天気、サイト気象人より引用)

  • 曇り
  • 最高気温22.0℃ 最低気温19.2℃
  • 北北東風、最大風速7.2m 平均風速4.1m
  • 降水量 0㎜
  • 大潮 満潮 7:13、20:00 干潮 1:21、13:42

2022/4/30のマリブビーチを見る

2022/5/2のマリブビーチを見る

新たな軽石流出の収束

マリブビーチの様子

撮影時刻 2022/5/1 12:09 - 12:10

午前中は前兼久漁港からボートで出港し、山田ポイントにてダイビングしていました。

真栄田岬に向かいましたが、波高が高く断念。

北海道の観光船事故を受け、ボート操船には細心の注意で

より安全志向に進路を取るのがセオリーでしょう。

沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況

干潮に近い時間に訪れました。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況

全体に昨日とあまり変わらない風景です。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況

川の中に入っている軽石の量は増えていました。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況

雨は降っているのですが、小雨なので、川の水量も増えない。

なので、川に入ってきた軽石を押し出すほどの川の流れも出ません。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況

少しずつ奥に置き去りにされた軽石が海岸線に移動しているのかな?

とも思えるが、本当に昨日と大差ない風景です。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の軽石状況

昨日は道路を渡って、川の奥を見て、ようやく軽石があったのだが、

今日は道路の手前にすでに軽石が見えています。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況

とはいっても、この程度。

以前の川の比ではない。

2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況
2022/5/1現在、沖縄恩納村マリブビーチ西端の川の軽石状況

待ちに待った大潮が訪れたのに、全然風景が変わらない。

こんな大潮を求めていたのではない。

なんで北風なんだろうか?

ほんとうに、「やれやれ」だ。

沖縄恩納村マリブビーチの軽石状況動画

マリブビーチの場所

まとめ

  • 記録を初めて186日目
  • 北風の大潮が続いています
  • わずかばかり軽石のある場所が海岸線近くに寄ったような気がしますが、気のせいかもしれない。その程度の変化で、あまり変わり映えのしない風景
  • これが待ちに待った大潮なのに………

2022/4/30のマリブビーチを見る

2022/5/2のマリブビーチを見る

  • この記事を書いた人
世古 徹

spitzseko

海のない滋賀県でスキューバーダイビングを習ったのが高校2年生の時。20歳でダイビングインストラクター資格を取得。サイパンに半年、モルディブに6.5年海外生活。1999/1月に沖縄移住し沖縄生活は20年超。たまにリピーターさんと潜る引退ダイビングショップ。営業よりも海やダイビングの情報発信に特化して海とはかかわり続けていきたいおじさんです

-軽石1
-, , , , , , ,