ブログ | 沖縄を楽しむ!シュノーケリングブログ

電話からのお問合せはこちら メールからのお問合せはこちら

スタッフブログ

スタッフブログメイン

3/22 イノースノーケリング
2016年3月22日(火)

 

今日のお客様は昨日リバートレッキングをしてくださったご家族。リバートレッキングとスノーケリングのダブル予約をいただいておりました。ありがとうございます。

海は東風が強く、イマイチの海況で青の洞窟にはご案内できませんでしたが、イノー内でのんびり楽しんできました。

今日のイノー内は透明度も抜群。午前中は満潮だったこともあり、水も豊富で楽で楽しいスノーケリングでした。

イノー内の水中風景

イノー内の水中風景

青の洞窟方面の海、波が高い場合ももちろんあります。そんな場合、真栄田岬の西側に広がる通称「裏真栄田」がベストなスノーケリングポイントになります。

サンゴも多く、魚もすぐ目の前まで泳いできます。浅いので、いつでも立てる安心感もポイント高いです。

陸には写真のようなきれいなビーチも広がっています。

裏真栄田風景、穏やかなビーチが広がっています

裏真栄田風景、穏やかなビーチが広がっています

ここのビーチは夏場になるとウミガメが産卵にやってきます。毎年、夏に孵化する子ガメたちを見守ることもできます。

知る人ぞ知るって感じのイベントですが、夏場にこのビーチに来ると、海がめが産卵した場所を踏んだりしないように、看板が立っています。そこにだいたいどれぐらいでここの卵は産まれます……という情報も書かれていますので、孵化する場面が見たい人は、その時期の夜中に毎晩通いつめたりして観察しておられます。

今夏も子供たちと一緒に孵化シーンを見られるかな~?

リバートレッキングとスノーケリングの併用、ダブルプランはこちらを参考にしてください。

 

 

3/14 青の洞窟スノーケルツアー
2015年3月16日(月)

周りは大学生の卒業旅行かな? と見られる若者が多い真栄田岬でスピッツも青の洞窟スノーケリングツアーに行ってきました。

大学生たちは、リバートレッキングにはなかなか流れてきてくれなくて、スノーケリングには特に宣伝費をかけていないスピッツには、問い合わせも予約もあんまりない。今日のお客様は20代女子2人だったが、スピッツをネットで見つけてくれたのはお母様だそうで、やっぱり若者受けはしていないみたい・・・。

家族旅行で沖縄に来ていた、姉妹のスノーケリングを担当させていただきました。ありがたや。

最初から海慣ればっちり

聞けば、前々日にスノーケリング、前日に伊江島で体験ダイビングをされていたとか。そんなに経験されているのならば・・・、さぞかし海慣れしておられるのだろう・・・と海に連れて行ってみたら・・・、まぁーやっぱり本当に・・・、素晴らしく楽しんでおられる。

餌付けもやってみよう

ビーチから歩いて海に入るのですが、うみはすぐに深くなり、魚はぐっちゃりいます。

魚、いっぱいです!!

落ち着いて水面に浮いて、ゆっくりと魚の様子を見ながら餌付けする。簡単そうですが、海に不安感があると、楽しめないもんですが、そばて見ていて、実に楽しげでした。

楽しいよ~

そして、もちろん青の洞窟にも入ってきました。そこがリクエストでしたからね。

水面が青いです!!

ここが見たいために、み~んな青の洞窟内で並んじゃうんだけれど、やっぱりここは一度は見といたほうがいいと思うので、私もお客さんをお連れしたら、おとなしく渋滞の列に並んで見ていただきます。

沖縄の海、サイコウ~!!

寒さも心配していたのですが、5ミリの厚さのウエットスーツで全然寒くなかったみたいです。もう冬の終わりもすぐ間近・・・って感じの海でしたよ。

3/10 冬再到来!! 体験ダイビングしてきました
2015年3月10日(火)

いや~寒かった。久しぶりに豪快に荒れた海・・・の西海岸を横目に見ながらお客様をお迎えに行き、東海岸のレッドビーチにて体験ダイビングしてきました。ゴリラチョップまで出向く案もあったのだが、レッドビーチの施設面の充実を思うと、やつぱりレッドビーチかな・・・という結論に至りました。

あのゴリラチョップに建てられた施設はいったいぜんたいいつから使えるようになるのだろうか? 絵に描いたモチだ。

こんな寒い日だからこそ、潜った後すぐに温かいシャワー浴びたいだろうな~と思ったわけ。

お魚に餌付け中

ここでの体験ダイビングは、ビーチからすぐの浅瀬でウロウロしているだけなんだけれど、サンゴもあるし、スズメダイもいるし、ハマクマノミだって簡単に出会えちゃうし、レッドビーチだって楽しいよね。お客様のうちお1人は泳ぎにもあまり自信がないと言っておられたので、ボート体験ダイビングじゃなくって、ビーチ体験ダイビングに変更になって、良かったのかもしれない。

ビーチ体験ダイビングの良いところは、やっぱ足の立つ水深でちゃんと練習できる! ってことでしょう。ダイビングに、海に不安を持っているお客さんにとって、この足の立つ浅瀬って、ホント重要だよね~って思います。

今回も、胸ぐらいの水深で呼吸の練習、マスククリアの練習、バランスのとり方などを経験してから、深いほうに移動しました。耳抜きに少してこずりましたが、コツがわかれば、終始笑顔で楽しんでおられました。

ほっ。

もう少し透明度が良ければ、言うことないんですけれど、まぁーしょうがない。金武湾の奥の方に位置しているポイントなので、透明度が悪いのは、致し方ない・・・。

金武のレッドビーチは今回のお客様の滞在されていたホテルからは車で20分ほどだし、往復にかかる時間を考えても、午前中に余裕を持って終われます。午後はゆっくりできるし。沖縄旅行の一日をかなり有効に使えますよね。

エキジット後、ウエットスーツのままで直行できる熱いシャワーも魅力的です。潜るだけじゃなくって、潜って、着替えて、シャワーして、移動して・・・のトータルで考えた場合、現行のゴリラチョップよりもレッドビーチのほうが魅力的な場合もあるってことです。

ただお客様の体験ダイビング経験が豊富な場合だったりすると、ゴリラチョップがベストな選択になるときもあるし、適材適所でベストな海をお客様にみつくろってあげたいものです。

ありがとうございました~。

3/9 体験ダイビング延期からの2ファンダイブ
2015年3月09日(月)

今日は体験ダイビング・・・の予定でしたが、昨日は大丈夫だと予測していた風向きが港に着く前からすでに北西風。予報ではまだ南風だったのに・・・。船長と相談して、ボートでの体験ダイビングは中止にしました。で、ビーチに向かったわけですが、南風によるうねりがまだ残っていたビーチは昨晩に降った大雨の影響で透明度がイマイチ・・・いや、イマサンぐらい。

明日も明後日も時間はあります・・・というお客さんだったので、無理に今日潜ることもないでしょう・・・という結論に至り、延期にしました。

で、午後から予定していた地元のリピーターさんとのダイビングの集合時刻を早めてもらって、2ダイブしてきました。

ギンガメアジ

北西風でも潜れるビーチっていったら、やっぱりここですね。今日は遠出して、ギンガメアジも見てきました。相変わらずの定位置キープ。

セイルフィンリボンゴビー

リボンゴビーエリアにも行っちゃったり、

ニシキエビ

ずっと前にも見ているかもしれない大きなニシキエビにも出会ったけれど、同一個体なはずはないよね・・・。だって前回見たのって、もう5年ぐらい前だし・・・。生きてるはずないですよね・・・、5年間も・・・。

ホオカギハゼの仲間

たぶんイトカケホオカギハゼだと思うんだけれど、肝心の背びれの模様が入っている部分がピシッ!と立っていないので・・・、判別のしにくい写真になってしまった。

ミノウミウシの仲間

何度か見ているけれど、いつも名前のよくわからないウミウシ。今日も出会ってしまった。

ニシキフウライウオ

今日も見に行ってしまいました。スーパーマクロモード撮影のフッィシュアイフィルターで撮影してます。上の写真のミノウミウシもフッィシュアイフィルターをONにして撮影しています。

オキスズメダイ産卵準備中

前からここにはオキスズメダイが3個体いるんですが、今日はペアが成立していました。卵を産む場所の掃除に集中していました。で、あぶれたオスであろう個体がこのペアにちょっかいを出しては、メスに追いやられる・・・ってシーンが繰り返されていました。

オキゴンベ

お客様のリクエストでもあつたオキゴンベ。2本目はかなりの時間をこの子に費やされていました。リクエストされていたオニサルハゼは・・・、「いる」と予測していた場所で見られず、出せませんでした。ごめんなさ~い。

またぜひオニサルハゼ見せますので、潜りにきてくださいねー。

ダイビング終わる頃には、完全な北風の典型的な寒い沖縄になっていました。体験ダイビング、ボートで出なくて正解でしたね~。

明日こそ・・・、体験ダイビング!!

3/7 久しぶりにハゼガイドしてきました
2015年3月07日(土)

北東の風がそよそよ。ボートならばダイビングできる西海岸を尻目に、私は東海岸に向かう。だってお客様のリクエストがレッドビーチだからだ。

で、来てみれば、微妙なうねりがすこしありましたが、おおむね良好なコンディション。透明度もよさそう・・・と潜ってみれば、ふむふむ。とびきり良くもないが、悪くもない。いい感じのレッドビーチでした。

今日のリクエストはウミウシ・・・ではなく、ハゼ。ハゼをガイドするのは久しぶりだ。いつも最近ウミウシばっかり探していたので、ハゼガイドって・・・どうするんだっけ? と様子見しながらスタート。定番のオニハゼ、ハチマキダテハゼ、サラサハゼなんかは数個体確認しつつ、その中で一番お行儀のよさそうで、カメラ度胸の据わった個体をチョイスして紹介。

当てが外れてすぐに引っ込んだやつもいたけれど、がんばってくれていたヤツもいました。

そんな感じでフラフラしていると、久しぶりにアオハチハゼに遭遇。ウミウシ探しているときは、砂地をあんまりさまよわないので、こんなとこにいたのね、あなた・・・って感じの出会いでした。

アオハチハゼ

アオハチハゼ

背びれが伸びたわかりやすいアオハチハゼでした。隠れないし、大きいし。こーいうネタ大好き。

ニシキフウライウオ

ニシキフウライウオ

そして、ニシキフウライウオにも出会いました。黒色の地味な個体でしたが、ヒレを広げてくれると・・・、やっぱりキレイな魚なのだ。

スーパーマクロのフィッシュアイモードで撮影してみたら・・・、

ニシキフウライウオ、スーパーマクロモードのフィッシュアイフィルターにて撮影

ニシキフウライウオ、スーパーマクロモードのフィッシュアイフィルターにて撮影

ぶれぶれの写真になってしまったが、寄り目のニシキフウライウオが写っていたので、まぁー良しとしましよう。数年前マイブームだったトトメレンズを想起させる撮影モードですね。

オキスズメダイ婚姻色

オキスズメダイ婚姻色

ここではオキスズメダイが婚姻色を出して、目の周りに青色を光らせていました。

泥場のクマノミ幼稚園

泥場のクマノミ幼稚園

そして、周囲には泥しかないような、そんな場所にひっそりとクマノミの集まっているクマノミ幼稚園がありました。なんで、こんなな~んにもない場所に集まっちゃったんだろうね~。

周囲の環境も写すと、こんな感じです。

泥場にポツンと幼稚園

泥場にポツンと幼稚園

ね? な~んにもないでしょ。そんなところは魚も泥ハゼがぽつぽついるだけなんだけれど、そこに大型のコガネシマアジの3匹編隊が回遊してきたりするから、海ってよくわからない。なにを求めてこんな辺鄙な場所をさまよっているのだろうか?

コガネシマアジ編隊襲来

コガネシマアジ編隊襲来

すると、泳ぎながら、底の泥地に顔を突っ込んで、なにやら捕食している様子。

捕食行動中のコガネシマアジ

捕食行動中のコガネシマアジ

ふーん・・・。砂泥の中の食べ物を探しているんだろうねー・・・。こいつらがあんまりしつこく回遊していると、ハゼたちはみんな巣穴に引っ込んじゃうので、好きな魚ではあるのだが、あんまりガイド中には見たくない・・・というのが素直な感想。

動画にも撮影したので、お時間のある方は見てみてね。

で、ウミウシはほとんど見つけなかったし、見かけなかったのだが、最後に探してみたらネコジタウミウシspが出てきてくれたのでお客様に紹介。

ネコジタウミウシsp

ネコジタウミウシsp

久しぶりにハゼをたくさん見つけて紹介して、あああ、やっぱりハゼも楽しいな~と再確認したガイドダイビングでした。ウミウシもいいけれど、ハゼもいいね~。

3/4 サビキラープロを買ってみた
2015年3月06日(金)

寒くなりましたね。沖縄はまたもや北風が吹いて、お店の前の海は荒れています。

昨日はペンキを物色に沖縄市まで行ってきました。で、いろいろ見て悩んだ結果、サビキラーというベタな名前の塗料を購入。

サビキラープロ

サビキラープロ

こんな塗料の存在、全然知りませんでした。店頭で繰り返し流されているビデオに立ち止まってしまったのが、そもそものはじまり。見れば見るほど、聞けば聞くほど・・・。

こんな塗料があって良いのか? と驚愕の性能がどんどん紹介されている。

詳しく知りたい人はこちらから。http://www.sabi-killer.com/

高いけれど・・・、コンテナが錆びてダメになって買い換えるコストを考えたら、ここで一発購入してみようか・・・という大風呂敷が心の中で勝手にひろがってしまい・・・、試しもしていないのに・・・、最初に4K缶18000円を購入。

塗料が18000円か・・・。

いつもの冷静な私なら、名前を商品を携帯で撮影して、店のPCでネット販売価格と照らし合わせて安いほうで購入するのだが、なにを舞い上がっていたのか、即買いしてしまった。

吉と出るか? 凶と出るか? 今度晴れた日にトライしてみます。使ってみたレポートも後でここに書いていきますね。しばし晴れるまでお待ちを。

今日は朝から小雨がぱらつくイマイチな天候の沖縄です。

こんな日はPCに向かって、事務作業を細々とやりましよう。たまっているしね。

海の写真がないのも寂しいので過去の写真から。

ヤセモウミウシ

先日、真栄田岬で見つけたヤセモウミウシ。だいたいがサイズは1センチ弱のウミウシで、透明な部分も多いので、撮影に手こずることが多いのですが、先日はたまたまはっきりと目が写っている写真が撮れていたので、ここに載せときましょうね。

どれが目かわかります?

ちゃんと黒い点が2つ並んでいるでしょ?

オリンパスのTG2にしてから、どんなサイズのウミウシでもちゃんと撮れるようになったので、小さければ小さいほど、ちゃんと撮ってあげたくって、がんばりたいんですが、ガイドしながらだとそんな時間は全然ないので、適当に数枚カシャカシャ撮影するだけなので、上手に撮れている事は珍しくって、だいたいがひいた絵で、無難にピントがあっている証拠写真を目指しているのだが、接近して撮影した中にたまにヒットが出ていると嬉しくなりますね。

さて、ではでは。みなさん潜りに、トレッキングに、沖縄に来てくださいね。

お待ちしてまーす。

冬季休業のお知らせ
2015年1月19日(月)

ぐぅわぉ

ぐぅわぉ

寒い冬が続いております。スピッツの冬季休業期間のお知らせです。

2015/2/2~6までお休みとなります。2/7から通常営業させていただきます。

なお、電話、メールは常時つながりますのでお問い合わせ、ご予約は随時受け付けられます。

よろしくお願いいたします。

体験ダイビングしてきましたー
2015年1月19日(月)

手乗りオトヒメエビと一緒に

手乗りオトヒメエビと一緒に

先日はリピーターゲスト様からのご紹介で遊びに来ていただいた女性と体験ダイビングに行ってきました。あいにくの北風で恩納村からのボートダイビングはできなかったのですが、金武湾のレッドビーチからビーチで潜ってきました。

今の季節はダイビング終了後にボートの上で風に吹かれているときが一番寒いので、ビーチダイビングの方が快適だったりします。普段は透明度がイマイチのレッドビーチもここ最近はなかなかの透明度。

沖ではギンガメアジが群れているし、いつもお連れしている小さな生物好きのダイバーさんばっかりじゃなくて、初心者、体験ダイバーの方でも楽しめる海になっております。

写真のように手の上にオトヒメエビが乗っかっちゃったり・・・。

カクレクマノミ、「ニモ」と一緒に記念撮影

カクレクマノミ、「ニモ」と一緒に記念撮影

ディズニー映画の「ニモ」で有名になったカクレクマノミはこのビーチでもちゃんとスタンバイしてくれています。まだまだサイズが小さくて、イソギンチャクのお家からなかなか出てきてくれませんが・・・・。

 

お客様もたのしかったぁーを連呼していただき、次は講習を受講してダイバーになる!! と宣言しておられました。

素晴らしい!!

そのときはぜひスピッツで講習を受けてくださいねー。

40ダイブで200種類を越すウミウシと出会えました
2015年1月06日(火)

Sakuraeolis kirembosa

Sakuraeolis kirembosa

クリスマスの頃から沖縄に滞在されて、まるまる二週間、全部で40ダイブ。ずっーとウミウシ探しをしておられたお客様が今日で終了しました。今回は全部で204種類のウミウシを見られたと喜んでいただけました。

私が見つけた種も多かったですが、お客様自身で発見されたウミウシも数多く、このお客様のウミウシ目には毎度のことながら驚かされます。

寒波もあれば、うららかな日和もあり、波乱万丈な二週間でしたが、最終日は実に穏やかな1日となりました。

南よりの風が吹き、沖縄本島西海岸は波のないぺたぺたな状態に、空には青空が広がり、実に過ごしやすかったです。

そんな中、水深30Mのガヤにくっついていたのは、Sakuraeolis kirembosaという学名のウミウシ。

カタカナで書くと、サクラエオリス・キレムボサ。バリではよく見られるウミウシだそうです。

サクラエオリス・キレムボサ

サクラエオリス・キレムボサ

初見で、見たことのないウミウシじゃん!! って思ったのですが、和名、学名が存在するとかどうとかよりも、その色彩豊かで長く揺れるミノに白い体という容貌が魅力的で、ついついたくさん撮影してしまいました。

サクラエオリス・キレムボサ

サクラエオリス・キレムボサ

そのミノにもズームインして撮影してしまった。

他にもいろいろ・・・、なんせ204種類も見れたので、またここに紹介していきますね。

ウミウシは今からがベストシーズンです。

みなさん沖縄本島のスピッツにウミウシを見に来てくださいね。

金武湾のご紹介
2014年12月16日(火)

ホヤの仲間

ホヤの仲間

今日は寒くなる・・・という天気予報を聞いていたので、潜りに行くべきかどうすべきか・・・熟考した挙句、金武湾まで行ってきました。晴れた日には大掃除したいし、明日は底冷えのする天気だそうだし・・・。今日潜るべし!!

で、金武湾まで行くと、ちょうどボートが出港するところだったので、船長にお願いして乗せてもらいました。なので、1本目は金武岬の方に潜ってきました。ここはネムリブカのいるオーバーハングがあるのですが、ゲストのいるグループにそこはお任せして、私は邪魔しないようにポイントのはずれを探索。

30M以上まで潜ってきましたが、深場を生息場所としている生物にはとんと出会えませんでした。浅場に戻ってきて、このホヤがたくさ見られました。このホヤを見ると、金武湾で潜っているなーという感じのするホヤです。金武湾には多いんですよねー。

ヤマトユビウミウシかな

ヤマトユビウミウシかな

途中で3ミリぐらいのゴミのようなウミウシを見つける。老眼ガイドには厳しいサイズですが、このサイズをまだ発見できたことにちょっと安堵。ほっ。まだまだ見えているのかな・・・と。図鑑で調べたけれど、載っていない。Facebookで問い合わせてみたら、ヤマトユビウミウシではないでしょうか・・・っていうコメントをいただいた。ネットで調べてみたら、なるほど、それっぽい。まだ調査中です。

港に到着し、すぐに隣のビーチでロングダイブ。ウミウシなんぞを探しつつ、他にもいろいろフィールドチェック。

トラパニア・アウラータ

トラパニア・アウラータ

毎年、トラパニア・アウラータの着くカイメンに今年もいました。アウラータ。まだ1個体しかいませんでした。増えるといいなぁー。

マツカサウミウシsp

マツカサウミウシsp

ここでは絶対に見つけられるマツカサウミウシsp。今年もたくさんの卵を産んでいました。

イチゴジャムウミウシ

イチゴジャムウミウシ

イチゴジャムウミウシも毎年、見られます。いつ見ても変わった形のウミウシですね。

オキゴンベ

オキゴンベ

オキゴンベ。チャームポイントは背びれ先端のフサフサかな・・・。久々の登場・・・だと思います。

ギンガメアジ

ギンガメアジ

他店のブログを見て、いるんだってことは理解していたけれど、実際目の当たりにすると、かなりびっくり。かなりの数のギンガメアジです。しかも逃げない。いつか透明度がクリアーになったら、ストロボも当てて撮影してみたいですね。

ギンガメアジ

ギンガメアジ

巨大な人工物の下で群れているので、それを背景に上手に取り込んで撮影したいですよねー。

ムチヤギカクレカニダマシ

ムチヤギカクレカニダマシ

そして最後はこの人。ムチヤギカクレカニダマシ。金武湾ならではのアイドルですね。他のエリアでは見たことがないカニダマシの仲間です。今年も健在。「それにしても・・・・、寒いのぉー」と言っているよう・・・。

 

明日は陸仕事です。

1 / 3123
スピッツダイブセンター

〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田2382

電話でのお問合せはこちらから

ショップ案内へ

集合場所

ビーチメニュー > 真栄田岬駐車場
ボートメニュー > 前兼久漁港

集合場所詳細

集合場所