金武湾のご紹介 | 沖縄を楽しむ!シュノーケリングブログ

電話からのお問合せはこちら メールからのお問合せはこちら

スタッフブログ

スタッフブログメイン

金武湾のご紹介
2014年12月16日(火)

ホヤの仲間

ホヤの仲間

今日は寒くなる・・・という天気予報を聞いていたので、潜りに行くべきかどうすべきか・・・熟考した挙句、金武湾まで行ってきました。晴れた日には大掃除したいし、明日は底冷えのする天気だそうだし・・・。今日潜るべし!!

で、金武湾まで行くと、ちょうどボートが出港するところだったので、船長にお願いして乗せてもらいました。なので、1本目は金武岬の方に潜ってきました。ここはネムリブカのいるオーバーハングがあるのですが、ゲストのいるグループにそこはお任せして、私は邪魔しないようにポイントのはずれを探索。

30M以上まで潜ってきましたが、深場を生息場所としている生物にはとんと出会えませんでした。浅場に戻ってきて、このホヤがたくさ見られました。このホヤを見ると、金武湾で潜っているなーという感じのするホヤです。金武湾には多いんですよねー。

ヤマトユビウミウシかな

ヤマトユビウミウシかな

途中で3ミリぐらいのゴミのようなウミウシを見つける。老眼ガイドには厳しいサイズですが、このサイズをまだ発見できたことにちょっと安堵。ほっ。まだまだ見えているのかな・・・と。図鑑で調べたけれど、載っていない。Facebookで問い合わせてみたら、ヤマトユビウミウシではないでしょうか・・・っていうコメントをいただいた。ネットで調べてみたら、なるほど、それっぽい。まだ調査中です。

港に到着し、すぐに隣のビーチでロングダイブ。ウミウシなんぞを探しつつ、他にもいろいろフィールドチェック。

トラパニア・アウラータ

トラパニア・アウラータ

毎年、トラパニア・アウラータの着くカイメンに今年もいました。アウラータ。まだ1個体しかいませんでした。増えるといいなぁー。

マツカサウミウシsp

マツカサウミウシsp

ここでは絶対に見つけられるマツカサウミウシsp。今年もたくさんの卵を産んでいました。

イチゴジャムウミウシ

イチゴジャムウミウシ

イチゴジャムウミウシも毎年、見られます。いつ見ても変わった形のウミウシですね。

オキゴンベ

オキゴンベ

オキゴンベ。チャームポイントは背びれ先端のフサフサかな・・・。久々の登場・・・だと思います。

ギンガメアジ

ギンガメアジ

他店のブログを見て、いるんだってことは理解していたけれど、実際目の当たりにすると、かなりびっくり。かなりの数のギンガメアジです。しかも逃げない。いつか透明度がクリアーになったら、ストロボも当てて撮影してみたいですね。

ギンガメアジ

ギンガメアジ

巨大な人工物の下で群れているので、それを背景に上手に取り込んで撮影したいですよねー。

ムチヤギカクレカニダマシ

ムチヤギカクレカニダマシ

そして最後はこの人。ムチヤギカクレカニダマシ。金武湾ならではのアイドルですね。他のエリアでは見たことがないカニダマシの仲間です。今年も健在。「それにしても・・・・、寒いのぉー」と言っているよう・・・。

 

明日は陸仕事です。

スピッツダイブセンター

〒904-0417 沖縄県国頭郡恩納村真栄田2382

電話でのお問合せはこちらから

ショップ案内へ

集合場所

ビーチメニュー > 真栄田岬駐車場
ボートメニュー > 前兼久漁港

集合場所詳細

集合場所